キリシタン大名大友宗麟が開き稲葉氏が拡大した 大分「臼杵城下町」

豊後(今の大分県)を治めていたキリシタン大名「大友宗麟」は、1562年(永禄5年)四方を海に囲まれ天然の要塞であった丹生島に、のちの「臼杵城」となる「丹生島城」を築きます。そこから「城下町臼杵」の歴史が…

続きを読む

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細