開業前に大公開!新東名高速道路の「NEOPASA岡崎」は1回で2度美味しいサービスエリア♪

2016年2月13日に、新東名高速道路の浜松いなさジャンクション~豊田東ジャンクションが開通します。
その区間にできる休憩施設のひとつがNEOPASA岡崎。ユニークなテーマや高速道路初出店の話題のお店など、思わず立ち寄りたくなるサービスエリアです!

上下集約型なのに、入口の雰囲気が違う!?

上下集約型とは、駐車場だけ方向別に分離されていて、レストランや売店などはどちらから来ても同じ店舗を利用する形態。既存では静岡県の浜名湖サービスエリアや埼玉県の菖蒲パーキングエリアなどがあります。
普通の集約型は入口はどちらの方向の駐車場から見ても似たようなデザインですが、ここは違うんです。

トップの写真、実は同じ建物なのですが、それぞれの入口にコンセプトがあり、東京方面は東海道五十三次の宿場町「岡崎宿」、名古屋方面は緑豊かな岡崎をイメージした「森のエントランス」。
行きと帰りで同じ建物に立ち寄っているはずなのに、違った雰囲気を感じられそうですね。

岡崎らしさを演出する「八丁味噌」と「石製モニュメント」

愛知県で味噌といえば赤い「八丁味噌」。その起源が岡崎にあるとされています。入口にはモニュメント、ショッピングコーナーやフードコートでは八丁味噌推しのメニューがズラリ。色の見た目に反して、実はやさしい味がします。八丁味噌メニューの食べ比べなんていうのもいいかも。

岡崎が全国に誇るもの、もう一つが「石製品」。というわけで、入口にはいろんな石細工が並んでます。設備案内も石。趣があってよいです。

店内は初物づくし!

こちらが建物内のテナント。このうち、高速初出店が6店舗!ほかにはないお店が詰まっているんです。

フードコートは木のぬくもりを感じられる、ほっとする空間。

2階にはくつろぎと自然を体感できる「ルーフガーデン」もあるのだとか。こちらも楽しみなスペース。

フードコートには「矢場とん」が満を持して初登場!

名古屋を代表するお店の一つが、みそかつの「矢場とん」。八丁味噌の生まれた岡崎に出店するのは必然だったかもしれませんね。
内覧会ではトップクラスの人気でした。

新ブランドのカフェテリア「岡崎農場」。サラダバーやオムライス、野菜ラーメンといったヘルシーメニューを取り揃え。あらゆるメニューに(サラダのドレッシングにも)八丁味噌を使用しています。スイーツにはどら焼きも一押しとのこと。

名古屋コーチンだって揃ってます。「伊藤和四五郎商店」はフードコートでいただきたい名古屋コーチンの親子丼やワンハンドグルメでいけちゃう手羽唐、スイーツのカスタードソフトというラインナップ。いつ来ても気になる存在になりそう。

深夜でも営業しているうれしいお店も、もちろんあります!

ショッピングコーナー「お土産処 三州 岡崎宿」は岡崎をはじめとした、周辺地域の特産品を取り揃えています。家康グッズや八丁味噌系のスイーツ、お酒のつまみにあいそうな一品をはじめ、岡崎の石製品もあります。

フードコートの「大正庵釜春」は岡崎で行列のできる老舗のうどん屋。その味を高速道路上で味わえるほか、フードコート唯一の24時間営業店舗です。名物は釜揚げうどん。岡崎ならではの八丁味噌煮込みうどんもありますよ。

コンビニ「セブンイレブン」も入っています。深夜のドライブでお疲れなら、コーヒーでちょっとブレイク、いかがですか?
長距離ドライバーにうれしいドライバーズスポットも併設しています。新東名高速道路は、道路の構造も運転しやすいだけでなく、休憩施設も充実しているんです!

早朝から営業しているうれしいお店♪パンやカフェを召し上がれ

24時間で最も販売した焼きたての食パンのギネス記録を持つ「パンのトラ」も高速初出店。営業時間は6:00から。食パンはもちろんおススメですが、ねらい目は焼きたての「びっくり石窯あんぱん」。あたたかいあんとパンが絶妙に合います。このツヤもたまらない。

「STARBUCKS」も出店しています。東京方面の駐車場寄りのテナントなので、宿場町風の外装です。こちらも朝6:00からの営業。早朝からドライブするときには、目を覚まさせる1杯をどうぞ。

ワンハンドグルメ&弁当も迷ってしまうくらいの充実度!

サービスエリアの定番、フランクフルトなら「MIKAWA FOREST」。通路側に並んでいるフランクフルトや牛串を見たら、食べずにはいられなくなります。その他、弁当やほうれん草のソフトクリームといったメニューもあります。
京都祇園の人気店もやってきました。「きっちん ににぎ」。いなりずしのラインナップが充実。ちょっと小腹が空いたときとかにいただきたくなります。弁当の取り揃えもいいですね。

肉まんもあります「PAOPAO」。大鍋で煮込まれた角煮が目の前に!これ、食欲そそるから即買いレベルです。

「お土産処 三州 岡崎宿」内にもワンハンドグルメが充実。出し巻きたまごも作ってます。岡崎で作られた卵と使って、専用の調理器まで入れるこだわりっぷり。

ハローキティーもジェラートも!お子様が喜びそうなお店はこちら♪

期間限定ながら、東海テレビとハローキティーがコラボしてポップコーンを発売しています。ここにも八丁味噌。えっ!?っておもったアナタ、そんな方にこそ食べていただきたい。八丁味噌とポップコーン、合うんです!

ジェラートは名古屋方面の駐車場の入口付近の「ジェラートクレメリアパラディーゾ」へ。カラフルなジェラートに目も心も奪われるかも。

ゆっくり、ゆとりあるスペースでお食事したい方は「かごの屋」へ

最近オープンしたりリニューアルするサービスエリアはフードコートを充実させて、レストランをなくしてしまうこともありますが、こちらには「かごの屋」がレストランとして営業しています。ごはんはしっかりテーブルでゆったり食べたい方にはうれしいですね。

おススメは飛騨牛入りハンバーグ定食。他にも魅力的なメニューがあります。店頭のディスプレイでときめいてみてはいかがでしょうか。

ペットにも車にもうれしい設備だって充実

ドッグランもあります。ワンちゃんがお疲れ気味なときはここでリフレッシュ。小型犬用と中型大型犬用でエリアが分かれているのもうれしい心遣い。

ガソリンスタンドはもちろんあります。エネオスが24時間、フルサービスで営業します。

電気自動車もどんどん普及してきました。NEOPASA岡崎では、充電設備も増設。4台まで同時に給電可能です。

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

NEOPASA岡崎(上下集約) 【駐車場】
(東京方面)大型車99台/小型車137台
(名古屋方面)大型車92台/小型車139台
【トイレ】
(上下とも)男性40基/女性66基
コラムシリーズについて とことんSAPAルポ

とことんSAPAルポ

編集部がSAPAをめぐり、特徴やグルメ情報をご紹介!
「さぱるぽ」です。