【2015年大晦日~2016年元旦の初詣・二年参り】電車で行ける!おススメスポット特集【北信越版】

大晦日から元旦は様々なイベントが目白押し。でも、車じゃ渋滞や駐車場に入れるか心配…という方へ、電車で行ける各種イベントをまとめました。

(1)弥彦神社[JR越後線・弥彦線の臨時列車]

「おやひこさま」で親しまれています。現在の御社殿は1916年に再建され、2015年は数え年で100年を迎えました。
新潟県内で最も多くの初詣客が見込まれ、三が日で約30万人が訪れるそう。
弥彦神社の最寄駅はJR弥彦線の終点、弥彦駅です。駅から神社までは徒歩約15分ほど。

弥彦神社の情報はこちら(弥彦観光協会のホームページ)

弥彦駅へは、新潟駅と東三条駅から臨時列車をそれぞれ1往復運転します。北信越地方は大晦日~元旦にかけてお参りする「二年参り」という風習があり、他の地域に比べると少々早めに運行される臨時列車があります。

[快速 きらきら行く年/きらきら来る年(新潟~弥彦)]
(行く年) 新潟(21:56)→弥彦(23:21) ※12/31運転
(来る年) 弥彦(1:32)→新潟(2:32) ※1/1運転
→普段は「快速 きらきらうえつ号」として新潟駅~酒田駅間を全車指定席で運転していますが、この列車は全車自由席(乗車券のみで利用可能)で運転します。

[弥彦二年参り号(東三条~弥彦)]
(行き) 東三条(22:33)→弥彦(23:01) ※12/31運転
(帰り) 弥彦(0:50)→東三条(1:20) ※1/1運転

(2)善光寺[長野電鉄の臨時列車]

長野を代表する寺院。2015年は数え年で7年に一度の「善光寺御開帳」が開催されました。
初詣には三が日で約40万人の人出が予想されます。
最寄駅は長野電鉄の善光寺下駅。JR・しなの鉄道の長野駅から路線バスもあります。

善光寺のホームページはこちら

長野電鉄長野線の長野駅~信州中野駅間で初詣臨時列車を運転します。各駅停車で運転しますが、市役所前駅は通過です。
なお、正月三が日はこども(小学生)の運賃は無料。この臨時列車から適用されます。

[上り(長野行)]
信州中野(22:55)→須坂(23:20)→善光寺下(23:39)→長野(23:44) ※12/31運転
※信州中野駅~須坂駅間は定期列車

[下り(信州中野行)]
長野(2:00)→善光寺下(2:04)→須坂(2:31)→信州中野(2:52) ※1/1運転

(3)北向観音[上田電鉄の終電延長]

その名の通り、本堂が「北を向いて」いる珍しい寺院。これは信州善光寺が南向きであることから、その対となるようにしている、とのこと。善光寺参りとセットでお参りしたいところです。初詣には5万人の人出が見込まれています。
境内には樹齢約1200年の巨木「愛染カツラ」があり、縁結びの霊木として親しまれています。
最寄駅は上田電鉄の終点「別所温泉駅」下車、徒歩約10分です。
北向観音・常楽寺のホームページはこちら

上田電鉄では終電を延長し、上田駅~別所温泉駅間では午前2時ごろまで運行します。
別所温泉駅構内では大晦日の午後10時ごろからとん汁・おしるこのサービスもあります。二年参りの際にぜひご利用ください。

[下り(別所温泉行)上田駅発時刻]
23:14/23:45/0:21/0:58/1:35
※23時台の2本は通常の下之郷行の区間を延長して運転
※2:11発は下之郷止

[上り(上田行)別所温泉駅発時刻]
23:48/0:25/1:02/1:37
※2:14発は下之郷止

(4)富山山王さん 日枝神社[富山ライトレール&富山地鉄(市内電車)の終電延長]

富山の市街地で多くの初詣客で賑わう神社のひとつ。三が日で約23万人の人出が予想されています。
最寄駅は富山地鉄の市内電車「西町」電停か「グランドプラザ前」電停へ。徒歩約3分でアクセスできます。
富山山王さん 日枝神社のホームページはこちら

富山地鉄の市内電車は南富山駅前電停~大学前電停間で午前2時ごろまで約20分毎に運転します。環状線は富山駅電停基準で午前1:15まで約25分毎に運転。
富山ライトレールも富山駅北電停~岩瀬浜電停間で午前2時ごろまで運転。富山市内の路面電車ネットワークをうまく活用して初詣にお越しください。

[富山地鉄(市内電車)南富山駅前発時刻]
23~1時台は毎時10/30/50発
2:15発は富山駅止
[富山地鉄(市内電車)大学前発時刻]
23:50/〔0~1時台は毎時10/30/50発〕/2:10/2:30
[富山地鉄(市内電車環状線)富山駅発時刻]
23:06/23:34/0:00/0:25/0:50/1:15
[富山ライトレール岩瀬浜発時刻]
23:28/23:58/0:28/0:58/1:28
[富山ライトレール富山駅北発時刻]
23:55/0:25/0:55/1:25/1:55

(5)岩峅雄山神社[富山地鉄(不二越・上滝線/立山線/本線)の終電延長]

霊峰立山を神体とする神社。立山頂上にある峰本社と、麓の中宮祈願殿、そして岩峅寺にある前立社壇の三社で雄山神社としています。三位一体のため、どこを参拝しても同じご利益が授かれるとのこと。
前立社壇は富山地鉄の岩峅寺駅から徒歩約10分とアクセスは良好です。
雄山神社のホームページはこちら

岩峅寺駅までは電鉄富山駅から午前0:30頃まで終電を延長します。不二越・上滝線、立山線の2通りの行き方があります。電鉄富山駅からの最短ルートは不二越・上滝線です。
本線の上市駅からお越しの方は寺田駅か稲荷町駅で乗換です(上市駅~宇奈月温泉駅間は終電の延長は行いません)。
終電後の臨時列車は以下のとおりです。
[不二越・上滝線下り(岩峅寺方面)の時刻]
電鉄富山(23:53)→稲荷町(23:56)→岩峅寺(0:25)
電鉄富山(0:30)→稲荷町(0:33)→岩峅寺(1:02)

[立山線下り(寺田経由岩峅寺方面)の時刻]
電鉄富山(23:18)→寺田(23:37)→岩峅寺(23:56)
電鉄富山(23:51)→寺田(0:09)→岩峅寺(0:28)
電鉄富山(0:21)→寺田(0:39)→岩峅寺(0:58)

[本線上り(上市→電鉄富山)の時刻]
上市(23:28)→寺田(23:35)→稲荷町(23:51)→電鉄富山(23:55)
上市(0:00)→寺田(0:09)→稲荷町(0:24)→電鉄富山(0:28)

[不二越・上滝線上り(電鉄富山方面)の時刻]
岩峅寺(22:42)→稲荷町(23:11)→電鉄富山(23:14)
岩峅寺(0:40)→稲荷町(1:10)→電鉄富山(1:13)
岩峅寺(1:15)→稲荷町(1:44)→電鉄富山(1:48)
岩峅寺(1:50)→稲荷町(2:19)→電鉄富山(2:22)

[立山線上り(寺田経由電鉄富山方面)の時刻]
岩峅寺(0:35)→寺田(0:53)→電鉄富山(1:12)
岩峅寺(1:10)→寺田(1:28)→電鉄富山(1:47)
岩峅寺(1:50)→寺田(2:08)→電鉄富山(2:27)

[本線下り(電鉄富山→上市)の時刻]
電鉄富山(1:10)→稲荷町(1:13)→寺田(1:29)→上市(1:35)

(6)白山比咩神社[北陸鉄道石川線の終夜運転]

北陸を代表する山の一つ、白山を神体としています。全国にある白山神社の総本宮であり、「白山さん」や「加賀一の宮」として親しまれています。例年、三が日には約18~19万人が訪れます。
最寄駅は北陸鉄道石川線の鶴来駅で、路線バスに乗換となります(表参道まで約13分)。
白山比咩神社のホームページはこちら

白山比咩神社への初詣は金沢駅および中心街からのアクセスルートがあります。
北陸鉄道石川線は野町駅~鶴来駅間で約40分毎に終夜運転を行います。また、金沢駅東口~香林坊~野町駅間では金沢駅東口発は1:44発まで、野町駅発は1:59発まで初詣バスを運行します。
鶴来駅~神社は接続バスを運行。終夜運転の電車すべてに接続して運転します。

[金沢駅→白山さんのルート(初発)]
金沢駅東口(22:39)→〔初詣バス〕→野町駅(22:55)/野町(23:01)→〔北鉄石川線〕→鶴来(22:54)/鶴来駅→〔接続バス〕→白山さん(三宮交差点:約8分/表参道:約13分)
※初詣バスの終発は1:44(野町2:06発の石川線に接続)

[白山さん→金沢駅のルート(終発)]
白山さん(表参道)(1:10)→〔接続バス〕→鶴来駅(1:16)/鶴来(1:25)→〔北鉄石川線〕→野町(1:56)/野町駅(1:59)→〔初詣バス〕→金沢駅東口(2:15)
※初詣バスの初発は23:30(鶴来22:57発の石川線から接続)

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて 臨時列車で行く!イベント情報

臨時列車で行く!イベント情報

電車に乗って出かけよう!全国各地の臨時列車が走るイベントを特集しました。