「女の子に生まれてよかった!」乙女心をトリコにする「弥生美術館・竹久夢二美術館」

東京大学のすぐそばに位置する弥生美術館・竹久夢二美術館はふたつでひとつの美術館。というのもこちらは同じ敷地内にあり、館内の連絡通路を通じて両方の美術館を自由に行き来することができるんです。今回は一般900円の入館料でふたつの美術館が楽しめるこちらのスポットに注目!現在開催の企画展示もあわせてご紹介します。

弥生美術館

弥生美術館は3階建て。最上階には明治・大正時代に活躍し、挿絵画家として後世に名を残した高畠華宵の作品を中心に展示しており、1,2階では年に4回企画展を実施しています。特色としては「少女文化」を色濃く取り扱っていること。日本のkawaii文化にもつながるポップでモダンなアートの数々は、少女たち、かつて少女だった女性たちを魅了し続けています。

弥生美術館――開催中の展覧会(2015年7月3日(金)~9月27日(日))

2015年7月3日(金)~9月27日(日)にかけて、2013年に亡くなったファッション・イラストレーター森本美由紀さんの展示が行われます。スタイリッシュなイラストレーションが人気を博し、『mc Sister』、『Olive』、『25ans』、『VOGUE』などの雑誌で活躍した森本さん。オシャレで洗練された女の子を描き続けた、30年にわたる活動の軌跡をたどります。

「ファッション・イラストレーター 森本美由紀 展 ―カジュアルからモードまで― スタイル画を描いた30年の軌跡」
会 場:弥生美術館
住 所:東京都文京区弥生2-4-3
会 期:9月27日まで
時 間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(※ただし7月20日・9月21日は開館)、7月21日
入場料:一般900円、大・高生800円、中・小生400円

写真提供:弥生美術館/©Miyuki Morimoto/森本美由紀 作品保存会

竹久夢二美術館

平成2年に開館した竹久夢二美術館は2階建ての建物。その名の通り、夢二の作品を公開展示している美術館です。根強い人気を誇る夢二ですが、好きな人はもちろん、「よく知らない…」という人でもここに来れば一気に夢二が身近に感じられるはず。年に4回、三ヵ月ごとに企画展を行っているので、季節に応じて別な表情の絵を見ることが出来ます。

竹久夢二美術館――開催中の展覧会(2015年7月3日(金)~9月27日(日))

2015年7月3日(金)~9月27日(日)にかけて行われる展示のテーマは「版画」。夢二の画家としての人生は、雑誌の表紙や口絵などの仕事からスタートしました。それらの多くは木彫りで彫られた作品です。今回は「いつもの夢二」から少し視点を変え、彼の原点とも言える版画の世界を覗き見ることができる展示内容となっています。

竹久夢二 モダン版画展 ―コマ絵からグラフィックデザインまで―
会場:竹久夢二美術館
住 所:東京都文京区弥生2-4-2
会 期:9月27日まで
時 間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(※ただし7月20日・9月21日は開館)、7月21日
入場料:一般900円、大・高生800円、中・小生400円

写真提供:竹久夢二美術館

カフェもおすすめ

一階にはカフェもあります。夢二が営んでいた小間物店「港屋絵草紙店」から名づけられた「夢二カフェ 港や」では、ドリンクやスイーツはもちろん、カレーやパニーニなどをいただくこともできます。夢二の世界、そして近代の少女文化に触れたあとは、カフェでゆっくり「あの頃」に思いをめぐらせてみるのも素敵かもしれません。

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

弥生美術館・竹久夢二美術館 【住所】【電話番号】
<弥生美術館>
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-3
03(3812)0012
<竹久夢二美術館>
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-2
03(5689)0462
【開館時間】
10時~17時(入館は16:30まで)
【休館日】
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、展示替え期間中、年末年始
【入館料】
一般900円/大・高生800円/中・小生400円
* 二つの美術館は同じ建物内で見学ができ、上記料金で二館併せて見学できます。
* 団体20名以上、100円割引になります。
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
コラムシリーズについて 人気スポット見どころ紹介

人気スポット見どころ紹介

人気施設の見どころをお伝えします!お出かけしたくなるようなスポットが満載。