【全国版】ドライブユーザーが選ぶ!10月の人気スポットランキングトップ10

全国の人気おでかけスポットの中でも特に人気の施設をナビタイムの独自調査でご紹介します!2017年、秋・冬のおでかけの際にぜひ参考にしてください!

【10位】名古屋港水族館

名古屋市港区にある大規模水族館。北館と南館の2棟で構成される。南館は世界の海を5つに分けたテーマ別展示が魅力で、大水槽「マイワシのトルネード」から始まり、日本の海から南極の海までを再現しています。北館では海洋哺乳類である鯨をテーマに、バンドウイルカやベルーガなどを展示しており、目玉は日本最大級のメインプールで行われるイルカのパフォーマンスで、ダイナミックなショーは子どもから大人まで人気です!

施設名称
名古屋港水族館
住所
愛知県名古屋市港区港町1-3
電話番号
052-654-7080
営業時間
[通常(春休み-11月末まで)]9:30-17:30
[GW・夏休み]9:30-20:00
[冬期(12月-春休み前)]9:30-17:00
休業日
月(祝の場合翌日)、臨時休館あり
GW・7-9月・年末年始・春休みは無休
料金
[入館料]大人2000円、高校生2000円、小中学生1000円、幼児(4歳以上)500円
駐車場
有(700台) ※100円/30分(上限1000円/24時間)
クレジットカード
可(入館券の購入、ミュージアムショップのみ)
紹介
名古屋市港区にある大規模水族館。北館と南館の2棟で構成される。南館は世界の海を5つに分けたテーマ別展示が魅力で、大水槽「マイワシのトルネード」から始まり、日本の海から南極の海までを再現している。北館では海洋哺乳類である鯨をテーマに、バンドウイルカやベルーガなどを展示。目玉は日本最大級のメインプールで行われるイルカのパフォーマンスで、ダイナミックなショーは子どもから大人まで人気。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://www.nagoyaaqua.jp/
お得なチケット情報
名古屋港水族館とポートビル施設入館券
大人 2,400円
名古屋港ガーデン埠頭の水族館、展望室、海洋博物館、南極観測船ふじの共通券です。

【9位】鳥羽水族館

鳥羽市にある日本最大級の水族館。「飼育種類数日本一」をキャッチフレーズに約1200種類もの生き物を飼育しています。館内には自然の環境に近づけた12のゾーンがあり、観覧順序がないのが特徴。日本で唯一、人魚伝説のモデルになったジュゴンを飼育しており、マナティーとともに水族館の人気者!また、水生生物だけでなくカピバラなどの水辺の動物も展示。アシカやセイウチによる愉快なショーも必見です。

施設名称
鳥羽水族館
住所
三重県鳥羽市鳥羽3-3-6
電話番号
0599-25-2555
営業時間
9:00-17:00
[7/20-8/31]8:30-17:30
※入館は閉館1時間前まで
休業日
無休
料金
[入館料]大人2500円、小人(小中学生)1250円、幼児(3歳以上)630円
駐車場
有(1日1回800円)
クレジットカード
可(チケット、店舗での利用が可(一部店舗では不可))
紹介
鳥羽市にある日本最大級の水族館。「飼育種類数日本一」をキャッチフレーズに約1200種類もの生き物を飼育している。館内には自然の環境に近づけた12のゾーンがあり、観覧順序がないのが特徴。日本で唯一、人魚伝説のモデルになったジュゴンを飼育しており、マナティーとともに水族館の人気者である。また、水生生物だけでなくカピバラなどの水辺の動物も展示。アシカやセイウチによる愉快なショーも必見である。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://www.aquarium.co.jp/
お得なチケット情報
鳥羽まるみえパスポート
高校生以上 5,800円 ⇒ 4,200円
鳥羽水族館、鳥羽湾めぐりとイルカ島、ミキモト真珠島の3施設がセットになったチケットです。施設窓口でセット券販売無し。

【8位】アドベンチャーワールド

「人と動物と自然とのふれあい」をテーマに、昭和53年(1978)にオープンした遊園地、水族館、動物園を兼ね備える複合施設。通算12頭のパンダの繁殖に成功し、中国本土以外で最多の実績を誇る。ジャイアントパンダの飼育施設「パンダラブ」では、事前予約制のバックヤードツアーが毎日行われており、大人気です。サファリゾーンでは、専用バスなどの乗り物から自然に近い状態の動物たちを観察でき、徒歩で散策可能なエリアもあります。

施設名称
アドベンチャーワールド
住所
和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
電話番号
0570-06-4481
営業時間
9:30-17:00(季節・繁忙期に変更あるため要確認)
休業日
不定休
料金
[入園料1DAY]大人(18歳以上)4500円、シニア(65歳以上) 4000円、中高生3500円、小人(4歳-11歳)2500円
駐車場
有り
クレジットカード
紹介
「人と動物と自然とのふれあい」をテーマに、昭和53年(1978)にオープンした遊園地、水族館、動物園を兼ね備える複合施設。通算12頭のパンダの繁殖に成功し、中国本土以外で最多の実績を誇る。ジャイアントパンダの飼育施設「パンダラブ」では、事前予約制のバックヤードツアーが毎日行われており、大人気。サファリゾーンでは、専用バスなどの乗り物から自然に近い状態の動物たちを観察でき、徒歩で散策可能なエリアもある。夏休み期間中には夜間営業も行う。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://www.aws-s.com/
お得なチケット情報
アドベンチャーワールド 1日入園券
18歳以上 4,500円
ふれあい体験型テーマパーク、アドベンチャーワールドの1日入園券です。ケニア号の乗車、マリンライブの観覧も出来ます。

【7位】東武動物公園

広大な敷地に動物園、水上木製コースターをはじめとする30種類以上のアトラクションを備えた遊園地、プールをもつ一大テーマパークです。四季を通じて44種の花木、10種の果樹を楽しむことができるので、秋のお出かけにもおすすめです!

施設名称
東武動物公園
住所
埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
電話番号
0480-93-1200
時間
10:00-16:30
※季節・イベントにより営業時間が異なる
休業日
[6月]水
[1月-2月]月、火
料金
[入園料]大人1700円、シニア(60歳以上)1000円、子供700円
駐車場
有(3000台)
クレジットカード
可(入場ゲート及び一部レストラン・売店のみで利用可
VISA、MasterCard、JCB、AMEX、その他)
紹介
南埼玉郡宮代町須賀にある動物園・遊園地。ホワイトタイガーやヒグマなどをはじめ120種類、1200頭に及ぶ動物を飼育する動物園と、絶叫マシンやキッズ向けアトラクションが揃った遊園地からなり、複数のレストランやショップも備える。また、敷地内には大型の屋外プール施設「東武スーパープール」もある。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://www.tobuzoo.com/
お得なチケット情報
東武動物公園 ワンデーパス
中学生以上 4,800円 ⇒ 4,600円
動物園・遊園地の入園+アトラクション乗り放題(ポニー乗馬等一部機種除く)。ホワイトタイガーが大人気!夏はプール、冬はイルミネーションも!

【6位】国営ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市にある国営公園です。秋にはモフモフとしたコキアが紅葉し、真っ赤な景色に変化します。園内にはサイクリングコースやバーベキュー場もあり、家族で一日中楽しめます!

施設名称
国営ひたち海浜公園
住所
茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話番号
029-265-9001
営業時間
[3/1-7/20]9:30-17:00
[7/21-8/31]9:30-18:00
[9/1-10/31]9:30-17:00
[11/1-2/28]9:30-16:30
休業日
毎週月曜(月曜が祝日にあたる場合は翌日の火曜)
12/31-1/1
2月の第1火曜からその週の金曜まで

※以下期間中は毎日開園
[春期]3/26-5/31
[夏期]7/21-8/31
[終期]10/1-10/31
[冬期]12/25-12/30、1/2-1/7
料金
大人(15歳以上)410円、シルバー(65歳以上)210円、小人(小中学生)80円
駐車場
有り
紹介
茨城県ひたちなか市にある国営公園である。約200ヘクタールと広大な敷地で、大規模な花畑が園内の各所にある。中でも初夏のネモフィラと秋のコキアが風物詩。450万本の青いネモフィラが広がる景色は、空の青と溶け合いまさに絶景だ。秋にはモフモフとしたコキアが紅葉し、真っ赤な景色に変化する。園内にはサイクリングコースやバーベキュー場もあり、家族で一日中楽しめる。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://hitachikaihin.jp/
お得なチケット情報
●ひたち海浜公園プレジャーGのりもの券●
大人 1,550円 ⇒ 1,350円
潮風が気持ちいい花と緑の遊園地。入園とのりもの券1,100円分がセットでお得な前売券です(駐車料・貸自転車・コイン機種除く)。

【5位】マザー牧場

牛・羊・アルパカなど、たくさんの動物とふれあえる観光牧場。「乳牛の手しぼり体験」や、気まぐれなこぶたとゴールを目指す「こぶたのレース」など、動物ふれあいイベントは毎日開催しています!

施設名称
マザー牧場
住所
千葉県富津市田倉940-3
電話番号
0439-37-3211
時間
[2-11月(平日)]9:30-16:30
[2-11月(土日祝)]9:00-17:00
[12-1月(平日)]10:00-16:00
[12-1月(土日祝)]9:30-16:00
休業日
無休(12-1月不定休)要問合せ
料金
[入場料]大人1500円、小人800円、同伴犬600円(体験などは別途料金必要)
駐車場
有(4000台)
※乗用車900円、オートバイ300円、大型バス1000円
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、UnionPay)
紹介
花と動物たちのエンターテイメントファーム「マザー牧場」は、コテージや7.8月のみ営業のオートキャンプ場もある便利な観光牧場で家族連れを中心に人気の場所である。動物とふれあえるのは勿論、季節の花を鑑賞したり味覚狩り・花摘み、手作り体験、そしてアドベンチャーと多くのエリアがあるのも魅力。マザー牧場ならではのお土産も豊富でショッピングも楽しめる。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://www.motherfarm.co.jp/
お得なチケット情報
シープ&オルカ
高校生以上 4,300円 ⇒ 3,600円
鴨川シーワールドとマザー牧場の2施設に入場出来るお得な共通券。

【4位】新江ノ島水族館

湘南海岸公園にある水族館、通称「えのすい」。幻想的な海の世界をイメージした美しい展示は定評がある。クラゲの球型水槽「クラゲプラネット(海月の惑星)」には大小14種類のクラゲが照明演出により美しく浮かび、1時間毎にフロア全体と共に世界初の3Dプロジェクションマッピングのクラゲショーが開催されます。
相模湾の環境を再現した巨大な「相模湾大水槽」では8,000匹にも及ぶマイワシの群れを見ることができたり、「季節来遊魚水槽、海流マップ」の展示があったりと、エデュテイメント施設としての役割もあるんです。

施設名称
新江ノ島水族館
住所
神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
電話番号
0466-29-9960
営業時間
[12月-2月]10:00-17:00(最終入場16:00)
[3月-11月]9:00-17:00(最終入場16:00)
休業日
無休(施設点検等臨時休館有)
料金
[入館料]大人2100円、高校生1500円、小・中学生1000円、幼児(3歳以上)600円
駐車場
無(周辺に有料駐車場有)
紹介
湘南海岸公園にある水族館、通称「えのすい」。幻想的な海の世界をイメージした美しい展示は定評がある。クラゲの球型水槽「クラゲプラネット(海月の惑星)」には大小14種類のクラゲが照明演出により美しく浮かび、1時間毎にフロア全体と共に世界初の3Dプロジェクションマッピングのクラゲショーが開催される。相模湾の環境を再現した巨大な「相模湾大水槽」では8,000匹にも及ぶマイワシの群れを見ることができたり、「季節来遊魚水槽、海流マップ」の展示があったりと、エデュテイメント施設としての役割もある。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://www.enosui.com/
お得なチケット情報
新江ノ島水族館 えのすい学割キャンペーン
高校生 1,500円 ⇒ 1,200円
期間限定!えのすい学割キャンペーン。2019/3/31迄販売・有効。学生証等の提示がない場合利用不可。12/1-有効。

【3位】富士サファリパーク

静岡県裾野市にある日本最大級のサファリパーク。
クマやライオン、草食動物など約30種類の動物たちがのびのびと暮らす「サファリゾーン」をマイカーや園内バスで巡り、野生に近い環境での生態を間近に観察できる。カンガルーやカピバラなどの小動物とのふれあいや餌やり体験ができる「ふれあいゾーン」やサファリゾーンの外側のコースを徒歩で巡る「ウォーキングサファリ(冬期休業)」も人気です!

施設名称
富士サファリパーク
住所
静岡県裾野市須山字藤原2255-27
電話番号
055-998-1311
営業時間
【昼のサファリ】
[3/16-9/30]9:00-17:00
[10/1-10/31]9:00-16:30
[11/1-3/15]10:00-15:30
【夜のサファリ】
[4/29-9/30土日祝]17:30-19:30
[10/1-10/29土日祝]17:00-19:00
休業日
無休
料金
[入園料 昼]大人(高校生以上)2700円、小人(4歳-中学生)1500円、シニア(65歳以上)2000円、3歳以下無料
[入園料 夜]大人(高校生以上)・小人(4歳-中学生)1700円、3歳以下無料
駐車場
有(1400台)
クレジットカード
紹介
静岡県裾野市にある日本最大級のサファリパーク。クマやライオン、草食動物など約30種類の動物たちがのびのびと暮らす「サファリゾーン」をマイカーや園内バスで巡り、野生に近い環境での生態を間近に観察できる。カンガルーやカピバラなどの小動物とのふれあいや餌やり体験ができる「ふれあいゾーン」やサファリゾーンの外側のコースを徒歩で巡る「ウォーキングサファリ(冬期休業)」も人気。春夏の土日祝に限り、夜の「ナイトサファリ」も開催している。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://www.fujisafari.co.jp/
お得なチケット情報
富士サファリパーク 入園券
高校生以上 2,700円 ⇒ 2,100円
お得な入園券です。マイカーで見学するサファリゾーンと、小動物に触ったり乗馬体験が出来るふれあいゾーンが有り、季節毎にイベントも行っています。

【2位】鴨川シーワールド

鴨川シーワールドの人気者といえば、海の王様「シャチ」!
期間限定の予約制で開催される「ナイトアドベンチャー」も人数に空きがあれば、当日参加の受付が可能。これは見逃せません!

施設名称
鴨川シーワールド
住所
千葉県鴨川市東町1464-18
電話番号
04-7093-4803
時間
9:00-17:00(チケット販売は閉園1時間前まで)
季節・曜日により変動あり(要確認)
休業日
不定休
料金
[入場料]大人2800円、4歳-中学生1400円、65歳以上2100円
駐車場
有(1200台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)
紹介
自然環境を再現した生態展示とパフォーマンスで、海の世界との出会いに感動し、生命とそれをとりまく環境の大切さを知ることができる「鴨川シーワールド」。16のエリアを持つ大きな水族館で見応えがあり、シャチやイルカの迫力あるパフォーマンスは子どもから大人まで大人気。パフォーマンス中、豪快に飛んでくる水しぶきに注意。濡れたくない場合はビニールシートを事前に用意しておくとよい。
備考
営業時間の詳細については、ホームページ参照
http://www.kamogawa-seaworld.jp/
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://www.kamogawa-seaworld.jp/
お得なチケット情報
シープ&オルカ
高校生以上 4,300円 ⇒ 3,600円
鴨川シーワールドとマザー牧場の2施設に入場出来るお得な共通券。

【1位】東京ディズニーランド

ディズニーの仲間たちが、「クリスマスの贈り物」をテーマにクリスマスの季節を盛り上げるイベント「クリスマス・ファンタジー」が11/8~12/25まで開催!今年は新たに期間限定のキャッスルプロジェクションも開催!今年の冬もやっぱりディズニーランドで盛り上がりましょう!

※画像はイメージです
※画像はイメージです
施設名称
東京ディズニーランド
住所
千葉県浦安市舞浜1-1
電話番号
0570-00-8632
営業時間
日によって営業時間が異なる。詳細はHP参照。
休業日
年中無休
料金
[1デーパスポート]大人(18歳以上)7400円、中高校生6400円、4-11歳4800円、シニア(65歳以上)6700円
駐車場
あり
クレジットカード
紹介
千葉県浦安市の東京ディズニーリゾート内にある、夢と魔法の王国をイメージしたディズニーパーク。パーク内は、アメリカの町並やおとぎ話の世界、未来の国など、コンセプトの異なる7つテーマランドに分かれる。シンボルは白く美しいシンデレラ城。パレードやグリーティングには、ミッキーマウスやミニーマウス、ドナルドダックといったお馴染みのキャラクターが登場。ビッグサンダー・マウンテンをはじめとするジェットコースターが有名で、アニメ作品・実写映画作品をモチーフにしたものなど多数のアトラクションが楽しめる。夜間に行われる「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」は、これだけを見に来るファンもいるほど高い人気を誇る。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【URL】http://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/
お得なチケット情報
1デーパスポート 東京ディズニーシー
大人 7,400円
直接入園予約券(本券で入園できます)。購入後の取消・変更はJTBへ連絡要。パーク運営時刻はTDR公式サイトでご確認ください。

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて NAVITIMEまとめ

NAVITIMEまとめ

お出かけに便利な情報をテーマにしたまとめ記事です。


Plat編集部 おすすめ記事