渋谷で人気のCLUB(クラブ)まとめ+初心者向けコラムつき

海外のビッグアーティストが来日したり、国内の有名DJがまわしたり。特定のジャンルに特化したクラブ、音にこだわるクラバー御用達のクラブまで、渋谷にはさまざまクラブハウスが存在します。今回はそんな渋谷の有名クラブ・最新クラブをまとめました。初心者の方向けに注意書きコラムもおまけしたので、参考にしてみてください!

SOUND MUSEUM VISION

2011年10月にオープンした比較的新しいクラブ。体に響く重低音が最大の特徴です。音楽を楽しむ人が多く、激しいナンパは少ない傾向。客層は学生から30代前半、外国人も多く、人種のごった煮といった感じですが、怖い雰囲気はありません。服装もカジュアルからギャル系、スーツなど幅広いです。
【フロア】4フロア
【収容人数】1500
【住所】東京都渋谷区道玄坂2-10-7  新大宗ビルB1F
【電話番号】03-5728-2824
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.vision-tokyo.com/

Club WOMB

渋谷で最も有名なクラブといっても過言ではありません。店内は吹き抜けで装飾品も豪華。一番の特長はなんといっても音のよさで、音楽を楽しむために出かける人がほとんどです。幅広い年齢層・客層で「おひとりさま」でも浮くことはありません。クラブデビューを飾るのに相応しい、イチオシのクラブです。
【フロア】3フロア
【収容人数】1,000人
【住所】東京都渋谷区円山町2 円山町2−16
【電話番号】03-5459-0039
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.womb.co.jp/

CLUB HARLEM

1997年にオープンしたクラブで、HIP HOPやブラックミュージックが中心のクラブです。先に紹介した二つと比べれば若干年齢層は若く、雰囲気も若い傾向。カジュアルやB系ファッションのお客さんが多いです。ブラックミュージック好きなら行かないのはもったいないほど、本場NYのクラブシーンの雰囲気を体感できる箱です。
【フロア】2フロア
【収容人数】1,000人
【住所】東京都渋谷区円山町2-4 Dr.ジーカンス 2F, 3F
【電話番号】03-3461-8806
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.harlem.co.jp/

Club Camelot

オープンは1995年で、知らないクラバーはいないほど有名な老舗クラブです。縦に長いフロアが特徴で、踊りたいときは前に、飲みたいときは後方に下がれば違った雰囲気で楽しむことが出来ます。客層は学生や若い人が多く、ナンパも多めという印象。レディースシートもあるので、声をかけられたくない女性はこちらを拠点に楽しむことをおすすめします。
【フロア】2フロア
【収容人数】1,000人
【住所】渋谷区神南1-18-2 神南坂フレームB2/B3
【電話番号】03-5728-5613
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.clubcamelot.jp/

T2 SHIBUYA

2014年にオープンしたばかりのクラブ。センター街の真ん中、ちとせ会館の地下にあり、流行のEDMをメインに流します。ワンフロアですが敷地が広く開放感があり、クラブでありながらレストランとしての一面も持ちます。プロジェクションマッピングが特長的で、最先端のクラブシーンを堪能できますよ。
【フロア】1フロア
【収容人数】1,200人
【住所】東京都渋谷区宇田川町13-8 ちとせ会館B1F
【電話番号】03-5428-8692
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.t2-shibuya.com/

クラブへ行く前に、まずは準備!

入場する際に必ず必要となるのが写真付きの身分証明証です。免許証、パスポート、住民基本台帳カードでもOK。これがないと始まらないので忘れないようにしてください。
逆に食べ物や飲み物の持ち込みは基本的に禁止です。フードサービスのないクラブがほとんどなので、事前に何か食べていくといいでしょう。

何を着ていけばいいの?

注意点は四つ。「履き慣れた靴」「汗をかいてもいい服」「自分が着ていて気分のあがる服」「ドレスコードを確認する」クラブハウス(箱)やイベントによってはドレスコードが設定されていることがありますし、サンダルはNGというところもあります。ですが、これだけクリアしていけば服装の系統は気にしなくて大丈夫。女性は小さめの斜めがけのバッグに貴重品や化粧品を入れて持ち歩くと便利です。

いよいよ入場!でも、何をすればいいの?

そもそもクラブって何をするところ?初めて入場して、最初に何をすればいいのか、どう振る舞えばいいのかわからない!そんな人は、まずはバーカウンターでお酒を買ってみましょう。飲み物を持ちながらぶらぶらしてみてもいいですし(踊っている人にぶつからないように!)大きな箱だとフロアが複数あるので探検してみるのもいいです。

踊れなくても大丈夫?

お酒を飲みきったらフロアで踊ってみましょう。「踊ったことなんてないんだけど…」そんな人も大丈夫。ちゃんとしたダンスを踊っている人なんてほとんどいません。クラブで言うところの「踊る」というのは何となく体をタテヨコに揺らしてみたり、膝でリズムをとってみたり、その程度のことだと思ってOK。
人が多くなるのは終電が終わった深夜2時ごろからです。それまでに自分のペースを掴んでおくといいですね。

貴重品の取り扱いに注意!

残念ながらクラブでは置き引きやスリなどの事件が起きることがあるのも事実。会場にあるコインロッカーを賢く利用して、被害にあわないように注意しましょう。

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて NAVITIMEまとめ

NAVITIMEまとめ

お出かけに便利な情報をテーマにしたまとめ記事です。


Plat編集部 おすすめ記事