国宝級の美しき<刀剣>その世界へ誘う博物館・神社まとめ

写真提供:丸亀市立資料館

今、巷で話題の「日本刀」、その一切の無駄を省いた美しい姿・形に魅了される人が続出しています。
そんな今年は、国宝・重要文化財の名品たちが期間限定で続々公開されています。
古代から現代まで、各時代の文化や思潮が色濃く反映された「日本刀」、その壮大な歴史ロマンを感じる旅に出かけてみませんか?

東京国立博物館「三日月宗近」「厚藤四郎」「獅子王」

天下五剣の一つに数えられる「三日月宗近」、鎌倉時代に鍛刀された「厚藤四郎」、源頼政ゆかりの太刀「獅子王」――これらの刀を所蔵しているのが「東京国立博物館」です。日本最大級のコレクションを誇るこの博物館の所蔵品はなんと11万件以上!特に日本美術展示を充実させており、じっくり眺めていたら一日かけても回りきれないほどです。「三日月宗近」は2015年5/12(火)から7/20(月)、「厚藤四郎」は7/22(水)から9/23(水)、「獅子王」は10/14(水)から12/23(水)にかけて、それぞれ公開されます。
【住所】
〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
【電話番号】
03-5777-8600
【開館時間】
9:30~17:00
【入館料金】
一般620(520)円、大学生410(310)円
()内は団体料金
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.tnm.jp/

九州国立博物館「江雪左文字」

刀工左文字の作による日本刀「江雪左文字」。こちらの刀剣の公開を行うのが福岡県は大宰府に位置する九州国立博物館です。主に九州とアジアの作品を多く取り扱うこちらの博物館。「江雪左文字」の展示は2015年5/19(火)から6/28(日)にかけて行われます。九州国立博物館では初めての試みでもある本格的な刀剣の展示会として、注目を集めています。
【住所】
〒818-0118
福岡県太宰府市石坂4-7-2
【電話番号】
050-5542-8600(ハローダイヤル)
【開館時間】
9時30分〜17時00分
【入館料金】
大人430(220)円、大学生130(70)円
()内は団体料金
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.kyuhaku.jp/

京都文化博物館「骨喰藤四郎」

「徳川家康没後400年記念 大 関ヶ原展」の一環として、京都文化博物館で公開されるのが「骨喰藤四郎」です。数多くの貴重な文化的資料が息づく千年の都・京都にあるこの博物館は、京都の歴史や文化に関する展示を行っています。「骨喰藤四郎」の展示は400念記念の前期展示として2015年6/2(火)から6/28(日)にかけて行われます。
【住所】
〒604-8183
京都市中京区三条高倉
【電話番号】
075-222-0888
【開館時間】
・総合展示/10:00~19:30(入場は19:00まで)
・特別展/10:00~18:00
*毎週金曜日は19時30分まで延長 (入場は30分前まで)
・別館/10:00-19:30(各種イベント時は別)
・ろうじ店舗
飲食店は20時30分まで入店できます
【入館料金】
一般:500(400)円 大学生:400(320)円 高校生以下:無料
()内は団体料金
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.bunpaku.or.jp/

丸亀市立資料館「にっかり青江」

「にっかり青江」は京極忠高が豊臣秀頼より拝領したと伝えられる刀剣です。これを所蔵する丸亀市立資料館では主に丸亀市の民俗資料の収集に力を注いでおり、地域密着型の資料館として人気を博しています。年に数回、企画展を催しており、数百点は常設展示されています。「にっかり青江」は、2015年10/10(土)から11/29(日)にかけて公開予定。
【住所】
〒763-8501
香川県丸亀市大手町2丁目3番1号
【電話番号】
0877-23-2111
【開館時間】
9:30~16:30
【入館料金】
入館無料、特別展は別料金
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.city.marugame.lg.jp/institution/culture/01.html

写真提供:丸亀市立資料館

石切剣箭神社「石切丸」

大阪府大阪市に位置し、「いしきりさん」の尊称で親しまれる「石切剣箭神社」。10月21日(水)と10月22日(木)の二日にかけてこちらの神社で一般公開される宝物館の中に、平安時代に鍛刀された太刀「石切丸」があります。期間が短いので見逃さないよう注意したいですね。
【住所】
〒579-8011
大阪府東大阪市東石切町1丁目1-1
【電話番号】
072-982-3621
※詳細はホームページをご確認ください。
http://www.ishikiri.or.jp/

福岡市博物館「へし切長谷部」

教科書でおなじみの「金印」で有名な福岡市博物館で、2016年1/5(火)から1/31(日)にかけて公開予定なのが「へし切長谷部」です。織田信長より秀吉に贈られ、後に黒田長政に贈られたと伝えれるこの刀は、同博物館で開催される「黒田家名宝展示」の一環で展示されます。
【住所】
〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3-1-1
【電話番号】
092-845-5011
【開館時間】
9:30~17:30
【入館料金】
一般200(150)円、高校生150(100)円
()内は団体料金
※詳細はホームページをご確認ください。
http://museum.city.fukuoka.jp/

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて NAVITIMEまとめ

NAVITIMEまとめ

お出かけに便利な情報をテーマにしたまとめ記事です。