べらぼうに、エモい。浮世絵に隠された秘密を暴く「スーパー浮世絵『江戸の秘密』」展がおもしろい!

2017年1月28日(土)から5月21日(日)まで、日本橋茅場町の特設会場で「スーパー浮世絵『江戸の秘密』」展が開催!デジタルアートを駆使し、浮世絵に隠された「江戸の秘密」を紐解く本展覧会の魅力をレポートします!

江戸庶民の暮らしをリアルに描いた「浮世絵」

現代では浮世絵は貴重な「美術品」として扱われていますが、江戸時代は大衆エンターテインメントとして庶民に親しまれていました。本展覧会では、江戸の生活や文化が鮮やかに描かれた浮世絵の超高精細デジタルデータを活用。描かれた当時の色に近い世界を見ることで、当時の人々の暮らしぶりや生き様が手に取るように体感できます。

ボイスキャストは六代目片岡愛之助さん!

本展覧会のガイド役として、六代目片岡愛之助さんがボイスキャストを務めます。愛之助さんの穏やかでよく通る声も要チェック!

わかりやすい説明で理解度もアップ。
わかりやすい説明で理解度もアップ。

江戸のファッションチェック!

浮世絵からは当時の流行も読み取ることができます。巨大な横長のスクリーンの左右からは、江戸時代の女性たちが颯爽と歩いてきます。身分や職業によってその装いは様々ですが皆それぞれ粋な柄合わせや着こなしを楽しんでいるよう。

しゃなりしゃなり。
しゃなりしゃなり。

特に江戸の女性は流行に敏感だったとか。天保の改革で質素倹約令が出された時も、「それでもおしゃれを楽しみたい!」と着物の裏地を派手にしたり、水仕事をするときの腕まくりをおしゃれに取り入れてみたりと、反骨精神がうかがえるのもおもしろいところ。

“2枚目”=イケメンは江戸時代から

時間、金銭的にも余裕のあった江戸庶民の1大娯楽は「歌舞伎」。芝居小屋の前には演目に出演する役者の絵が掲げられ、1枚目は主演、2枚目は若い美男子役者、3枚目はひょうきんな役どころの役者というのがお決まりでした。ここでは当時の2枚目役者を集めた「イケメン部屋」が登場。お気に入りを探してみては?

イケメン役者がずら~り。
イケメン役者がずら~り。

実際の顔を想像するのも楽しい!
実際の顔を想像するのも楽しい!

北斎の富岳三十六景が動き出す!

幅22mの巨大スクリーンに北斎の名作「富岳三十六景・神奈川沖浪裏」が映し出され、轟音と共に現実の荒波のように激しく動きます。波の中には獲れた魚を一刻も早く岸にあげようとする8人の決死の漕ぎ手が描かれており、当時の命がけの仕事ぶりに心を打たれます。

波がリアルで怖いくらい。
波がリアルで怖いくらい。

豪華絢爛、花魁世界に浸る

最後に来場者を迎えてくれるのは、華やかな吉原の花魁たち。幼いころから英才教育をほどこされた花魁たちは、江戸の男性が憧れる一握りの「イイ女」でした。ひとときの夢を求めて訪れた男達、そして来場者に格子の向こう側から花魁が微笑みかけてくれますよ。

花魁、見てみたかったなぁ。
花魁、見てみたかったなぁ。

格子越しってのがまた燃えるのでしょうね。
格子越しってのがまた燃えるのでしょうね。

江戸ってエモい!

本展覧会のキャッチコピーは「べらぼうに、エモい。」。浮世絵には私たちの知らなかった“江戸”が濃密に凝縮されています。生きることを貪欲に楽しんでいた江戸庶民の生活は、現代の私たちにももっと欲張りに生きろと言ってくれているような気がしました。心にぐっとくる江戸の魅力をぜひ本展覧会で見つけてみてください!

<開催概要>
【開催日程】2017年1月28日(土)~2017年5月21日(日)
【開催場所】日本橋茅場町「特設会場」
【最寄り駅】東京メトロ日比谷線・東西線の「茅場町駅」6番出口から徒歩1分
     東京メトロ東西線・銀座線、
     都営地下鉄浅草線の「日本橋駅」から徒歩4分
【入場料】通常チケット
当日料金:大人(高校生以上):1,600円/子ども(3歳以上〜中学生以下):1,000円
販売期間:2017年1月28日(土)〜2017年5月21日(日)

※その他詳細は公式サイトにてご確認ください
https://superukiyoe.com/

施設名称
茅場町
住所
東京都中央区日本橋茅場町2丁目
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。