本日より開催!ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」森アーツセンターギャラリーにて

松本大洋/『ルーヴルの猫』 ©MATSUMOTO Taiyou / Shogakukan / Futuropolis / Musée du Louvre éditions

フランスが誇る、美術の殿堂ルーヴル美術館。200年以上に及ぶ歴史ある美術館を、新たな9番目の芸術「漫画」で表現するプロジェクトが、ついにマンガの国・ニッポンへ上陸! まずは東京、森アーツセンターギャラリーにて7月22日から9月25日まで開催。その後、大阪、福岡、名古屋へと続く展覧会です。ルーヴルの新たな芸術の世界を堪能しに出かけましょう!

フランスの漫画文化「バンド・デシネ(BD)」に触れよう

フランスにはアメリカンコミックや日本の漫画とは違った独自の漫画文化「バンド・デシネ(BD)」があります。大衆的な作品がある一方、技巧に富んだ作品も多く、建築や彫刻などの伝統的な芸術に連なる「第9番目の芸術」として位置づけられています。
このBDを中心に、新しい表現方法でルーヴル美術館を表現するプロジェクトの一環として、今回の特別展が開催されました。フランスの漫画文化に造詣が深い方も、そうでない方も楽しめる展示内容になっています。

二コラ・ド・クレシー

エンキ・ビラル

日本を代表するあの漫画家の表現する「ルーヴル」

今回の展示では、フランスの人気漫画家の他、日本を代表する漫画家が何人も参加しています。「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦。「孤独のグルメ」の谷口ジロー。また、「テルマエ・ロマエ」のヤマザキマリなど個性的で芸術的な漫画家による描き下ろしの作品が集められています。

荒木飛呂彦

ヤマザキマリ
ヤマザキマリ

谷口ジロー
谷口ジロー

展示をより楽しみたい方のための企画チケット

ローソンチケットからは、前売り企画チケットが用意されています。開場30分前から入場しゆっくり展示を見ることのできるアーリーインチケット。有名声優神谷浩史さんによる音声ガイドチケット。どちらも通常チケット(一般)と同じ値段で購入可能です!

新たな芸術の世界へと、一歩足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。

施設名称
森美術館
住所
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
電話番号
03-5777-8600
時間
[月・水-日]10:00-22:00
[火]10:00-17:00 ※最終入館は閉館の30分前まで
休業日
展覧会期間中は無休
料金
[入館料]※展覧会により異なる
駐車場
有(2762台) ※六本木ヒルズ駐車場
クレジットカード
紹介
六本木ヒルズ森タワー53階にある現代アートの美術館。年間を通して多彩な企画展が開催されており、ジャンルにとらわれない斬新な展示が特徴。52階には併設の展望台及びミュージアムカフェ&レストランがあり、東京を一望する絶景とともに食事やお茶を楽しめる。最寄り駅は「六本木」駅。
備考
[ハローダイヤル]03-5777-8600
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~ 【会期】2016年7月22日(金)~9月25日(日) 
【開催会場】森アーツセンターギャラリー
【開催時間】10:00~20:00(最終入場19:30)
【休館日】無休
【料金】一般1800円、高校、大学生1200円、小中学生600円
【URL】http://manga-9art.com/
コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。


Platの Instagram を見る

#platbynavitime

(クリックするとInstagramを開きます。)