今年も来ました!フランスの美学と哲学に触れる「フランス映画祭2016」

「フランス映画祭」をご存知ですか?毎年楽しみにしているという方から、名前は聞いたことがあるけれど…という方までさまざまだと思います。このイベントは毎年恒例、フランス映画の祭典です。2016年は6月24日から27日にかけて、有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ 日劇にて開催されます。フランス映画好きにはたまらない!今回はこのイベントについてご紹介します。

今年は全13作品を放映予定!豪華ゲスト陣の来日やサイン会なども!

今年の「フランス映画祭2016」では、全13作品を放映予定です。オープニング作品『太陽のめざめ』(カトリーヌ・ドヌーヴ主演最新作)をはじめとした新作12本に加え、ジャック・リヴェットの長編デビュー作『パリはわれらのもの』がデジタル・リマスター版で登場。

© 2015 LES FILMS DU KIOSQUE - FRANCE 2 CINÉMA - WILD BUNCH - RHÔNE ALPES CINÉMA – PICTANOVO

また、フランス映画を代表するベテラン女優イザベル・ユペールが今年の団長に決定したほか、『最強のふたり』で国民的スターとなったオマール・シィをはじめとした豪華ゲスト陣が映画祭を華やかに彩ります。

そもそも、フランス映画の魅力って?

大衆に向けた商業映画とは少し雰囲気が異なるフランス映画。独自の美学や哲学が作中に刻み込まれた、芸術と呼ぶべき作品が多いのが特長です。普段あまりフランス映画に馴染みのない人も、「フランス映画祭2016」を機にフランス映画の独特な雰囲気に触れ合い、映画の新しい魅力を発見してみてください!

©DR/MK2

来日ゲストやサイン会情報など、見逃せない情報もたくさん!
この梅雨の季節、週末からの4日間。しっとりと心からフランス映画に浸ってみませんか?

施設名称
株式会社朝日新聞社有楽町朝日ホール
住所
東京都千代田区有楽町2丁目5-1
電話番号
0332840131
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る

施設名称
TOHOシネマズ 日劇
住所
東京都千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン11F
電話番号
050-68685000
アクセス
有楽町駅(JR・有楽町線)、銀座駅(銀座線・日比谷線・丸ノ内線)、日比谷駅(日比谷線・千代田線・三田線)
料金・割引
一般¥1800/大学¥1500/高校・中学・小学・幼児(3歳-)¥1000【3D上映の場合プラス¥300/3Dメガネ代¥100】/特定割引日:毎月1日、14日¥1100/50夫婦割引:夫婦50割引(どちらかが50歳以上の夫婦ペア)¥2200(要証明)/レディースDAY:毎週水曜¥1100/シニア割引:60歳以上¥1100/身障者割引:¥1000(身障者手帳提示/付添人1名も)/早朝割引:¥1400(毎週金曜初回)/レイト割引:¥1600(連日20時以降)/会員割引:毎週火曜¥1400(要カード提示)
スクリーン・座席
スクリーン1(944+2)/スクリーン2(666+1)/スクリーン3(522+1)/3スクリーン合計(2132+4)
車椅子席
アルコール
駐車場・台数
有楽町マリオン地下3・4階駐車場(映画を観ての割引はなし)
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

フランス映画祭2016 【開催期間】2016年6月24日(金)~6月27日(月) ※全4日間
【開催時間】上映スケジュールはサイトをご覧ください
http://unifrance.jp/festival/2016/schedule
【会場】
有楽町朝日ホール(メイン会場・有楽町マリオン11F)
TOHOシネマズ 日劇(レイトショー会場・有楽町マリオン9F)
【入場料】
[前売券]一般:1,500円/学生:1,000円
[当日券]一般:1,700円/学生:1,200円
絶賛発売中 ※上映前日23:59までの発売
【主催】ユニフランス
【お問い合わせ】ユニフランス E-mail :fff@filmex.net
【URL】http://unifrance.jp/festival/2016/
コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。