この夏「ジブリの大博覧会」が六本木ヒルズにやってくる!ジブリの30年の歴史を公開!

風の谷のナウシカ© 1984 Studio Ghibli・H

スタジオジブリの設立から30年間の歩みを体感できる特別企画「ジブリの大博覧会」が、いよいよ東京にやってきます!この秋公開予定の最新作「レッドタートル」を公開前に初展示し、さらに六本木ヒルズならではの眺望と融合した特別企画も楽しめる展覧会。ジブリ好きなら絶対に行きたいイベントです!

ジブリの30年が詰まった大博覧会。レアイラストや未公開資料が盛りだくさん!

「ジブリの大博覧会」では、4つの構成で展覧会が楽しめます。
メインの展示となる「ジブリの大博覧会展」は、これまでのジブリ作品がどのように世に出て行ったのか、作品の企画資料やイラスト、ロゴやキャッチコピー、宣伝用ポスターやタイアップのCMまで、膨大な未公開資料と共に読み解きます。

膨大な資料は、ファンでなくても圧倒!
©Studio Ghibli
膨大な資料は、ファンでなくても圧倒!

それぞれの作品の広告がずらり!あの時見た電車の中吊りポスターや新聞広告を見ると、公開当時の思い出が鮮やかに蘇ります。こんなのもあったの!?というようなレアなポスターも。
どの展示も、壁一面にジブリの貴重な資料が展示されているので、じっくり時間をかけて見る事をおすすめします!

没案やラフも膨大にあります。鈴木敏夫さんとのやりとりが書いてあったり。
©Studio Ghibli
没案やラフも膨大にあります。鈴木敏夫さんとのやりとりが書いてあったり。

東京シティービューならでは!「スタジオジブリ 空とぶ飛行機展」

「紅の豚」や「風立ちぬ」など、スタジオジブリ作品には空を描いた作品が多いですね。そんなスタジオジブリのイメージのひとつ、「空への憧れ」を表現した初公開の特別企画。海抜 250mの東京シティービューならではの眺望をバックに、スタジオジブリと展望台東京シティビューとのコラボ展示を楽しめる展示も登場します。

スタジオジブリの最新作を紹介!「レッドタートル ある島の物語展」

2016年9月17日に公開予定のスタジオジブリ最新作も、特別展示で贅沢に紹介!監督は「岸辺のふたり」で米国アカデミー賞短編アニメーション映画賞を受賞するなど、数々の作品で高い評価を得たマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット監督。一足先にジブリの新作をチェックしちゃいましょう。

僕らの大好きなジブリがそこにある。大切な人を連れて、行こう。

もちろん「ジブリの大博覧会」では物販ショップも登場。大博覧会限定のグッズや、多くのジブリグッズが勢ぞろいします。
また、展示ではトトロや実際に乗れるネコバスも登場!大人も子どもも、ジブリが好きな人ならたまらない展示内容です。

大切な人や家族を連れて、大好きなジブリの思い出を語るもよし、新作に胸躍らせるもよし。この夏は六本木ヒルズでジブリの世界に浸りましょう!

ふっかふかのネコバスにも乗れちゃいますよ!
ふっかふかのネコバスにも乗れちゃいますよ!

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~ 【会期】2016年7月7日(木)~9月11日(日) ※会期中無休
【時間】10:00~22:00(最終入場 21:30) ※営業時間は今後変更になる可能性がございます
【会場】六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー
【入場料】一般 2,300円、高校・大学生 1,700円、4歳~中学生 1,100円、シニア(65 歳以上) 2,000 円
※通常前売券は当日券から 100 円引
※他にも平日や夜にお得なチケットも発売
※前売券はローソンチケットでご購入いただけます。
【お問い合わせ】03-6406-6652 (六本木ヒルズ展望台東京シティビュー)

詳細は公式ウェブサイトにてご確認ください
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/ghibli-expo/
コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。