日本初「クラーナハ展」2016年10月15日(土)~2017年1月15日(日)国立西洋美術館で開催

《ホロフェルネスの首を持つユディト》ルカス・クラーナハ(父)1530年頃ウィーン美術史美術館©KHM Museumsverband

特異なエロティシズムで女性を描いた作家として知られるクラーナハ。歴史の教科書で、クラーナハが描いた“マルティン・ルターの肖像”を目にされた方も多いかもしれません。そんな彼の回顧展が日本で初めて開催されます!世界10ヶ国以上から集まる「誘惑」の世界を堪能しに出かけてみませんか?

特異にして鮮烈なエロティシズムの世界

ヴィッテンベルクの宮廷画家として名を馳せた、ドイツ・ルネサンスを代表する芸術家ルカス・クラーナハ。彼はユディトやサロメ、ヴィーナスやルクレティアといった物語上のヒロインをエロティシズムなイメージで描き、人々に鮮烈な印象を与えました。
艶っぽくもどこか醒めていて、蠱惑的でありながら軽妙な女性の姿は、当時の鑑賞者はもちろん、後世の人々をも虜にし、その人気は今なお衰えることを知りません。

《正義の寓意》 ルカス・クラーナハ(父) 1537年 個人像

近現代に与えた影響にもスポットを

大型の工房を開設して絵画の大量生産を行うなど、先駆的なビジネス感覚を備えていたクラーナハは、一方でマルティン・ルターにはじまる宗教改革にも深く関与したといいます。
1517年に開始された宗教改革からちょうど500年の節目にあたる2016-2017年に開催される本展は、クラーナハの芸術の全貌を、当時のドイツの思想や文化、社会や政治の状況などと併せて読み解き、さらには彼の死後、近現代におけるその影響にも迫ります。

オーストリア、ドイツ、オランダ、ハンガリー、イタリア、スペイン、イギリス、アメリカ、台湾、日本など、世界中から集められた絵画や素描、版画など約100点で構成される、史上最大規模のクラーナハ展。彼が時を越えて放つ「誘惑」の世界、ぜひご自身の目で体感してみてください。

ウィーン美術史美術館展示室

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

「クラーナハ展―500年後の誘惑」 【開催期間】2016年10月15日(土)~2017年1月15日(日)
【開催場所】国立西洋美術館
(住所・〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7)
【開館時間】午前9時30分~午後5時30分(金曜日は午後8時)
(入館は閉館の30分前まで)
【休館日】月曜日(1月2日(月)は開館)、12月28日(水)~1月1日(日)
【入場料】一般・1600円/大学生・1200円/高校生・800円
【URL】http://www.tbs.co.jp/vienna2016/
コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。