光と影の魔法で遊ぼう!「魔法の美術館」2016年7月12日(火~8月28日(日)まで開催

的場やすし/山野真吾/徳井太郎《SplashDisplay》©yasushi MATOBA /shingo YAMANO/taro TOKUI協力:電気通信大学小池研究室

7月12日(火)から8月28日(日)にかけて、東京・新宿の東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館にて、体感型のアート展覧会「魔法の美術館」が開かれます。今回はこの不思議な展覧会についてご紹介します。

見て、参加して、楽しめる!

「魔法の美術館」は「見て」「参加して」「楽しむ」全く新しい展覧会です。訪れる人の動きに合わせて色とりどりの光や影、音、映像が変化し、まるで幻想の国に迷い込んだような感覚を味わえる“体感型”の展覧会なんです。
参加する人がいて初めて完成する不思議な作品の数々はその名の通り魔法のようで、大人から子どもまでみんなのドキドキ、わくわくを引き出します。ぜひあなた自身の目で体感してみてください。

坪倉輝明 《Vertexceed》 ©teruaki TSUBOKURA

10組のアーティストによる作品があなたを待っています

作品の前で手を振ると桜の花びらが舞い散る『SAKURA』、真っ白な本に映し出された物語を追って空間を歩く『がそのもり』など、幻想的な作品が揃い踏み。他にも言葉に尽くしがたい作品が訪れる人を待っています。デートにも家族連れにもぴったりで、盛り上がること間違いなし。特別な魔法に触れて、非日常世界に参加してみませんか?

森脇裕之 《光の波紋》 ©hiroyuki MORIWAKI

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

魔法の美術館 光と影のイリュージュン 【開催期間】2016年7月12日(火)~8月28日(日)
【開催場所】東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
(住所・〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1 損保ジャパン日本興亜本社ビル42階)
【開館時間】午前10時~午後6時まで(入館は閉館30分前まで)
【入場料】一般:1000(800)円/大学・高校生:600(500)円/シルバー(65歳以上):800円/中学生以下:無料 ※()内は前売りおよび20名以上の団体料金 ※前売は8/27まで。
【休館日】月曜日(7月18日は開館。翌火曜日も開館)
【URL】http://www.sjnk-museum.org/
コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。


Plat編集部 おすすめ記事