百花繚乱!目黒雅叙園「百段雛まつり」で雅な雛人形の世界へ

市原多代女ゆかりの享保雛(福島)/部屋 百段階段「漁樵の間」

目黒雅叙園の「百段階段」をご存知ですか?99段の長く美しい階段廊下は、華やかな七つのお部屋をつなぐもの。今回はひな祭りに向けて全国各地のお雛さまがこの地に集い、みやびやかな和の世界に一層の彩りと息を呑む美しさを与えてくれます。

東北3県、10地域の名品が一堂に!

紅花交易で栄えた東北各地の旧家や商家には、商人たちが持ち帰った江戸や京都の雛人形が多く残されています。今回、武家に伝わる逸品や東北伝統の郷土玩具まで、約500点の人形と約170本のつるし飾りが東北3県より集結!
岩手、宮城、福島の街々に春を告げる、百花繚乱の「雛まつり」で公開される東北ゆかりの名雛に出会えるまたとない機会です。

花巻市・大迫の豪商の古今雛(岩手)
花巻市・大迫の豪商の古今雛(岩手)

盛岡町家のつるし飾り(岩手)
盛岡町家のつるし飾り(岩手)

三春張子(福島)
三春張子(福島)

一般初公開!伊達政宗重臣・片倉家の雛人形がお披露目

伊達政宗の懐刀として名を馳せた白石城 城主・片倉家から、通常非公開の雛人形が22年ぶりに蔵から出されるほか、御所人形、芥子雛の逸品が一挙に公開されます。
また、戊辰戦争の舞台として知られる会津若松城下に伝わる古今雛や、松尾芭蕉が「奥の細道」で訪れた宿場町、須賀川を代表する江戸期の女流俳人、市原多代女ゆかりの享保雛など、東北の歴史と文化の厚みを物語る珠玉の名品が見どころとして揃います。

片倉家に伝わる古今雛(宮城)
片倉家に伝わる古今雛(宮城)

伊達政宗重臣・片倉家伝来の御所人形(宮城)
伊達政宗重臣・片倉家伝来の御所人形(宮城)

会津若松城下に伝わる古今雛(福島)
会津若松城下に伝わる古今雛(福島)

文化財空間で楽しむ、人形文化の最高峰。

文化財「百段階段」の特徴である欄間・天井の装飾と、長押より下に配する雛人形の共演によって、まるで雛御殿の中にいるかのような空間を楽しめるまたとない機会です。ちょっとおめかしして、人形文化の最高峰「お雛さま」と文化財空間の共演を見に行きませんか?

2015年(前回)展示の様子
2015年(前回)展示の様子

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

『百段雛まつり』~みちのく雛紀行~ 【開催期間】2016年1月22日(金)~3月6日(日)計45日間 ※会期中無休
【開催時間】10:00~18:00(最終入館17:30)
【入場料】1,500円(前売券1,200円、学生800円 ※要学生証呈示)小学生以下無料
【会場】目黒雅叙園 東京都 指定有形文化財「百段階段」 (東京都目黒区下目黒1-8-1)
【問い合わせ先】03-5434-3140 (10:00~18:00 イベント企画)
※詳細は公式webサイトにてご確認ください
https://www.megurogajoen.co.jp/event/hinamaturi/
コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。