富山県の高岡市美術館に「藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」が12月1日オープン!

ドラえもんをはじめ、数多くの名作を生み出し、日本を代表する歴史的な漫画家である藤子・F・不二雄氏のギャラリーが富山県高岡市の高岡市美術館2階に12月1日(火)オープン!全ての名作の原点が詰まったミュージアムです。

すべては、このまちからはじまった。

藤子・F・不二雄氏は幼少から少年時代を高岡で過ごしました。「漫画家になりたい」という夢を育んだ、ふるさと高岡での足跡をたどりながら、たくさんの原画を通して藤子・F・不二雄氏の「まんが」の原点や作品の楽しさ、おもしろさに触れることができるギャラリーです。

先生の原点を紹介する展示や原画などを展示

藤子氏の手作り「幻燈機」を再現し、 藤子氏の写真と言葉で綴った「ふるさと高岡の記憶」映像(約4分)を紹介。

上京までに描かれた、さまざまな創作活動を中心に展示しています。

ベレー帽やカメラなど藤子氏の愛用の品や、 「ドラえもん」をはじめとするまんがの原画を展示。

また、企画展示では期間限定で変わる展示を開催。オープンからの展示は、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の企画展示「原画展 大長編ドラえもん」を開催します。

高岡の伝統産業である「高岡銅器」で製作したドラえもん像を展示。懐かしの初期ドラえもんです。

ここでしか買えないオリジナルグッズも!

このギャラリーでしか買えないオリジナルグッズや「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」のオリジナルグッズを販売します。
もちろん、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」でおなじみの自由にまんがを読むことができるライブラリーも設置。のび太気分で読みふけってしまいそうです。

高岡市美術館へのアクセス

電車での行き方は、最寄り駅がJR氷見線「越中中川駅」。下車徒歩2分です。もしくはJR高岡駅より徒歩20分になります。
車での行き方は、能越自動車道:高岡北ICから約10分/高岡ICから約15分。または北陸自動車道:小杉(こすぎ)ICから約20分/高岡砺波(となみ)スマートICから約20分となります。
地下駐車場(9:00~18:00・2時間まで無料)もしくは屋外駐車場(無料)があります。

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー 【オープン日】12月1日(火)12:00
【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
【休館日】月曜日(ただし月曜日が祝・休日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始(12月29日~1月3日)
【観覧料】一般・大学生 500円、高校生・中学生 300円、小学生・幼児(4歳以上) 200円、4歳未満 無料、シニア(65歳以上)の方は個人・団体ともに400円
※詳細は公式WEBサイトよりご確認ください
http://fujiko-artgallery.jp/
コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。