陸上自衛隊の実力を刮目せよ!富士総合火力演習

毎年8月に御殿場市の東富士演習場で行われる名物イベントです。今年は8月23日(日)の開催。陸上自衛隊のイベントの中でもっとも人気があり、約3万人の入場者があります。現地で見るには事前に応募して当選した人のみ。当たった人は現地で、そうでない人も映画館で観覧できるんです。

観客の目の前に戦車!射撃!すべてが非日常の迫力!

まず目の前に戦車がいるということ自体、日本では極めて稀な世界。ましてや実際に実弾射撃なんて行われることはありません。でも、もし他国に攻められてきたら…。そんな不安はこの演習を見れば吹き飛んでいくのではないでしょうか。

戦車のほかヘリコプターや様々な火砲による実弾射撃が目の前で繰り広げられます。その衝撃波、轟音までもがリアルに響き渡ります。

現地での観覧は帽子・レインコートが必須!

観覧、迫力というと花火大会を創造しますが、この演習は日中に行われます(10:00~12:00)。晴れたら日差しを遮るものはありません。帽子など日射病対策は必須です。そして「レインコート」の用意も。富士の山麓は雨が多い地域でもあり、観覧時は【傘を差すのは禁止】です。ちなみに、雨が降ると想像以上に冷えるそうなので、カイロや長袖も持っていくと安心かもしれません。

アクセスには渋滞・行列に並ぶ覚悟を!

車で観覧希望の場合、駐車場付き券が当たった方は、指定された駐車場に車を停めて、シャトルバスで会場に向かいます。
公共交通機関を利用する方はJR御殿場線の御殿場駅からシャトルバスで会場入りします。なお、多くの人が訪れるイベントですが臨時列車の運行予定はありません。御殿場線は1時間あたり1~2本程度と本数は少ないので、時間には余裕をもっておくことが必要です。
このシャトルバス、行きも帰りもとにかく行列に並ぶ必要がありそう。特に帰りは乗るまで2時間待ちは覚悟してください。

駐車場券のない方で車で来たい方も御殿場駅付近の駐車場に停めてシャトルバスを利用します。ただし、未明から駐車場が埋まり始めるため、早い段階で満車になってしまう可能性もあります。とにかく、早めに押さえるべし!です。
そして、帰りは渋滞は必至。会場からは迂回路もほとんどないため、御殿場インターまでも渋滞は避けられそうにもありません。また、日曜の開催のため、東名高速の東京方面はいつもの大和トンネル先頭の渋滞も予想されます。「出発から到着までほぼ24時間行動」するのを覚悟していく必要がありそうです。

当選しなかった人には朗報!ライブビューイングがあります!

現地じゃなくても、その迫力、映画館で体験できるんです。東京をはじめ、全国16箇所の映画館でライブビューイングを開催します。このうち、新宿バルト9では「4K」映像で楽しめるそうです。現地に行かなくたってその迫力は楽しめます!(しかも快適♪)

10:00開演で、全席指定3,000円です。一般販売は8月15日(土)10:00からですので、お早めに!
上映する映画館など、詳しくはコチラ

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。


Plat編集部 おすすめ記事