江戸の「涼」を五感で感じてみませんか?日本橋で行われるECOイベント

写真提供:ECO EDO 日本橋 2015

今年も日本橋で楽しみながら涼をとる「ECO EDO 日本橋 2015」が開催されます。子どもから大人までが親しみ、年々賑わいを増しています。イベントも今年で8年目!日本橋ならではの華やかな夏の情緒を感じてください。

見て"涼"を感じる「金魚」、着て"涼"をとる「浴衣」

今年の日本橋は"金魚"がテーマ。毎年大人気の「アートアクアリウム2015」だけでなく、「金魚すくいグランプリ」や「納涼金魚ちょうちん船」など、見て"涼"を感じるイベントです。他にも「七夕ゆかたまつり」「ゆかたで歩こう 日本橋」など、浴衣をテーマにしたイベントもたくさん。着付けに自信のない方には、ゆかたレンタル&着付けのサービスや、1day浴衣レッスンなども行っております。(※有料)日本橋界隈の名店では、ゆかたを着用または「アートアクアリウム 2015」のチケット半券でさまざまな特典をうけられるサービスも行っているので、江戸に思いを馳せながら浴衣で"涼"を感じてみてはいかがでしょうか?

写真提供:ECO EDO 日本橋 2015

江戸情緒を感じるイベント様々。江戸の手品に怪談話!?

アートアクアリウムや浴衣イベントの他にも、江戸情緒を感じられるイベントを開催。7月18日(土)には、"手を稲妻の様に素早く動かす"ことから名づけられた日本独自のマジック・江戸手妻(てづま)のショーが行われます。江戸のマジックは、音楽・衣裳・小道具などからも日本情緒があふれ、夏らしい金魚の手妻も特別に披露します。そして、日本の"涼"といえば「怪談」ではないでしょうか?8月2日(日)には、怪談を演じたら当代随一といわれる人間国宝の講談師・一龍斎貞水による圧巻の話芸に特殊演出を加えた立体怪談が行われます。浴衣又は着物で参加すると粗品プレゼントなので、浴衣で背筋が冷えるような夕涼みはいかがでしょうか…(※いずれも有料)

写真提供:ECO EDO 日本橋 2015

【アクセス】大手町、東京、日本橋。ちょっと足を伸ばせば京橋、神田も

麒麟像で有名な日本橋に近いのは、東京メトロ・都営浅草線の日本橋駅か三越前駅ですが、日本橋エリアには最寄り駅が沢山あります。日本橋三越とコレド室町の目の前に通る道をまっすぐ行くとJR新日本橋駅、さらにまっすぐ歩くと各線神田駅があります。麒麟像から日本橋高島屋の方向にまっすぐ行くと、東京メトロ京橋駅。さらにJR東京駅、東京メトロ大手町駅も徒歩圏内です。八重洲、京橋、日本橋地区を結ぶ、無料巡回バス「メトロリンク日本橋」も運行しているので、お出かけの計画に合わせて利用してみてくださいね。

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

ECO EDO 日本橋 2015 ~五感で楽しむ、江戸の涼~ 【イベント名】ECO EDO 日本橋 2015 ~五感で楽しむ、江戸の涼~
【開催日】7月10日(金)~9月23日(水・祝)
【開催時間】各イベントによる
【開催場所】日本橋エリア全域
【住所】東京都中央区日本橋周辺
【TEL】03-5225-0505(7月10日(金)~9月23日(水・祝)の平日11:00~20:00)
※詳細はホームページをご確認ください
http://www.nihonbashi-tokyo.jp/ecoedo2015/
コラムシリーズについて お出かけイベント情報

お出かけイベント情報

こんどのお休みの予定が決まらない方へ、ナビタイム編集部がオススメするイベント情報をお届けします。