「美しすぎるロシア人コスプレイヤー」のメイドカフェ、「ItaCafe」に行ってきた!

ItaCafe

「勉学の字が似合うストイックな学生街」。そんなイメージのある東京・新宿の東西線早稲田駅近くに、メイド全員がなんとロシア美人というメイド喫茶「ItaCafe(イタカフェ)」がオープンしたと聞き、早速行ってきました!想像を超えるクオリティと、目的意識の高さに驚愕です!

想像していた「コスプレメイド喫茶」とは全く違う「ItaCafe」

いわゆるコスプレやメイドカフェと聞くと、やはり秋葉原や池袋といったエリアを想定しがち。ですが「ItaCafe」があるのは、どちらとも違った街の雰囲気を持った「早稲田」。ここを選んだのには、そもそもお店を作った目的に違いがありました。

ItaCafe

店長の「ナスチャん」は、ロシア・モスクワから来日した、普段は日本語学校へ通う日本とアニメが好きなロシア美人。「大好きな日本にずっといたい」。そう思う彼女たちに、無情にも迫る来年3月の日本語学校の卒業。学生ビザの失効は、ロシアへの帰国を余儀なくされます。そこで考えたのが、日本での就労ビザ取得を目的とした、この「Itacefe」だったのです。

ItaCafe

数多くのメイドカフェが立ち並び、まさに激戦区と呼ばれるに相応しい秋葉原では、本来の目的である就労ビザの取得が霞んでしまう。池袋は残念ながら地価が高く現実的ではない。そこで目に留まったのが、実はロシアと深い交流のある「早稲田」だったというわけです。

「ItaCafe」を訪れるお客様も、3割が地元早稲田の大学生とのこと。ちなみにもう3割はロシア美女コスプレイヤー目当てのお客様、もう3割は外国人のお客様、最後の1割は本国ロシアから日本に来ているお客様なのだそうです。私たちが伺った際も、年齢性別国籍を問わない幅広い層のお客様で大繁盛でした!

ItaCafe外観
ItaCafe外観

駅から徒歩30秒という良アクセス、雑居ビルの一角ではない大通りに面したビルの1階、そしてガラス張りの外観。これまで私たちが抱いていたメイドカフェの印象と全く異なる店構えです。このお店、実は在日ロシア大使館の公式Twitterでも紹介されたとのこと!納得のコンセプト、そしてクオリティですね。

そこはまさに「ロシア家庭料理の店」でした
そこはまさに「ロシア家庭料理の店」でした

ロシアのおばあちゃんの味をお届けするために

注目の飲食メニューも、専属の料理を雇っているわけではありません。外注で既製品を取り寄せているわけでもありません。正真正銘、すべて彼女たちが手作りしているのです。

フリカデリッキのクリームソース掛け キャベツとニンジンの炒めもの添え
ItaCafe
フリカデリッキのクリームソース掛け キャベツとニンジンの炒めもの添え

開店前の料理特訓では、石のようなピロシキや、思わず「アニメの世界かっ!」と突っ込みたくなる、砂糖と塩を間違えたパンができたこともありました。
しかし前述の通り、彼女たちは元々料理人でもアイドルでもありません。就労ビザを取得して日本に留まるために、なんとスープやソースはだしから、ピロシキやスイーツは生地から、すべて手作りで用意しているのです!

丸ごとパプリカの肉詰め
ItaCafe
丸ごとパプリカの肉詰め

こだわりの店内は、そのまま撮影に使えそうな異国情緒漂う装飾。個展用に貸し出しも行っているようです。その料金がなんと驚き、3日間で0円!しかも物販もOK!代わりに来場者には1ドリンクの注文を告知して欲しいとのことですが、こんなお店なら是非利用させていただきたいですね。
年明けには個人製作物の展示イベントも決まってるようですよ。

ItaCafe 店内の様子
ItaCafe 店内の様子

また店内の至るところに、彼女たちの故郷、ロシアを思わせる小物が並んでいます。こちらはモスクワ&サンクトペテルブルクのスタバ・タンブラーと、ロシア国内で高い支持率を誇るプーチン大統領のカレンダー。

コレクターにはたまらないスタバ・タンブラーとカレンダーです
コレクターにはたまらないスタバ・タンブラーとカレンダーです

これぞロシア!と言わんばかりの、職人手作り木樽ビールジョッキ。このジョッキでビールを飲むお客様はやはり多かったです。憧れですよね!
メイドカフェを謳うからにはこだわりたかったティーセット。こちらもロシアの職人がひとつひとつ手描きしたロシアの名陶、インペリアル・ポーセレンです。

左:手作りの木樽ビールジョッキ 右:優雅なロシアの名陶インペリアル・ポーセレン
ItaCafe
左:手作りの木樽ビールジョッキ 右:優雅なロシアの名陶インペリアル・ポーセレン

オープン当初には用意出来なかったメニューも続々登場!

日本人の口にあわせたロシア料理というより、ロシアの人たちにとっての懐かしい味を提供する「ItaCafe」。
日本にはまだ馴染みの薄いロシア文化に触れる。彼女たちとロシア語、日本語交えたコミュニケーションをとる。そんな目的で足を運びたいお店でした。

平日の閉店間際に伺ったにも関わらず、お店は満席、彼女たちも大忙しの様子でした。来店の際には公式ホームページからのご予約がオススメですよ。
今後もロシア人メイド店員さんを増やしたいとのことでしたが、あいにく女性向けのイケメンロシア男性店員の予定は今のところ未定だそうです。残念!

不慣れな開店当初には用意できなかったメニューも日に日に増えているのだそう。新しいロシア料理をいただきに、また一度食べたあの味を再度頂きに、何度も足を運びたくなるお店です。是非お友達を誘って、ロシアの雰囲気を味わいに行ってみませんか?

施設名称
【10/17オープン】ItaCafe(イタカフェ)
住所
東京都新宿区早稲田町67 早稲田クローバービル1F
営業時間
【平日】
[カフェ]15:00-17:00
[食事]17:00-20:00(L.O.19:00)

【土日祝】
[カフェ]10:00-12:00
[食事]12:00-20:00(L.O.19:00)
定休日
月、日
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて NAVITIMEニュース

NAVITIMEニュース

人気施設のランキングや、新規オープンのお店、注目のお店をピックアップしてお届けします。


Plat編集部 おすすめ記事