大阪・万博エキスポ跡地にできる、生きているミュージアム「ニフレル」とは?

株式会社海遊館

海遊館が初プロデュースする「NIFREL(ニフレル)」。11/19(木)にグランドオープンするこの施設の、気になる詳細がついに発表された。

子どもはもちろん、大人の感性をも刺激する心豊かな空間を

大阪・万博記念公園に隣接した「EXPOCITY」内にオープンするこの施設は、「感性に触れる」というコンセプトに基づいた、他の水族館とは一線を画した施設になりそうだ。
色取り取りの鮮やかな模様や不思議な形の魚たち、両生類や爬虫類といった水辺の生き物、陸上の鳥類や哺乳類など、合計150種、約2000点が展示される。

株式会社海遊館

7つにテーマ&ゾーンを分け、地球が育む多様ないのちと個性を表現する。
「いろ」では緩やかに色が変化する世界を。「わざ」では生きものたちの個性あふれるわざの特徴を。
「すがた」では一見無機質に見えるが実は美しい造形物、「WONDER MOMENTS」では自然現象の美しい瞬間を映像と音楽で描き、「みずべ」では猛獣や珍しい生き物が大迫力でお迎えする。

株式会社海遊館

生きものたちをすぐそばで感じられる「うごき」や、立体的な映像を楽しめるシアターで感じる「つながり」など、一日では回りきれないほどの、気になる展示が満載だ。

株式会社海遊館

試してほしい、「食べる水」!?

2階にあるピクニックカフェ「イート・イート・イート」から窓の外を見れば、生き物たちと太陽の塔が眺められる。こちらは「食にふれる」をコンセプトにしており、こだわり食材のサンドイッチやスイーツなどがピクニック気分で楽しめる、休憩にはもってこいの空間だ。
中でも注目は、数量限定で発売される「食べる水」。生命にとって必要不可欠な水をコップで飲むのではなく、食べるという新たな感覚で楽しめる。手でつまんで食べられる水とは一体?是非とも体験してほしい。

株式会社海遊館

1階のスーベニアショップ「ニフレル×ニフレル」では、様々な生き物をモチーフにしたオリジナルのお菓子やぬいぐるみはもちろん、人気のフチ子さんがキュレーター(飼育員)に変身したアイテムも販売されている。コレクター必見の一品だ。

株式会社海遊館

株式会社海遊館

公式ページはまめにチェックを!

オープンまであと約一ヶ月。公式ページでは10/19より団体予約の受付が開始された。その他にもスタッフによるスナップダイアリーが毎日更新され、オープニングイベントも企画されている様子。ホームページのチェックは怠れない。
思わず笑顔になる生きものたちの写真を見ながら、皆で一緒にカウントダウンをしよう。

株式会社海遊館

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

【11/19オープン】NIFREL(ニフレル) 【住所】大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
【TEL】ニフレルインフォメーション : 0570-022060(ナビダイヤル)
【最寄駅】大阪モノレール「万博記念公園駅」 徒歩約2分
【HP】http://nifrel.jp/index.html
コラムシリーズについて NAVITIMEニュース

NAVITIMEニュース

人気施設のランキングや、新規オープンのお店、注目のお店をピックアップしてお届けします。


Plat編集部 おすすめ記事