「馬の気持ち」に触れることができる資料館、7/18に誕生。

photo By daita saru from flickr

北海道にサラブレッドと触れ合える「Northern Horse Park(ノーザンホースパーク)」という体験型テーマパークがあることはご存知でしょうか。
ノーザンホースパークは、馬のテーマパークとして国内最大級の広さを誇り、その敷地面積は驚きの東京ドーム約10個分!広大な園内には、様々なアトラクションがありますが、新たに「馬の気持ち」に触れることができる資料館、「NORTHERN HORSE MUSEUM(ノーザンホースミュージアム)」がオープンします。

馬の資料館「ノーザンホースミュージアム」

ノーザンホースパークを訪れるお客様は、初めて馬を間近で体験する方から馬のプロまで、馬に関する経験はさまざまです。
とはいえ、多くのお客様はノーザンホースパークならではの馬とのふれあいや、馬についての新しい発見を楽しみに来園されているはず。
この資料館は馬に興味のあるお客様に対し、様々な資料から馬の生態、歴史、人との関わりを知ってもらい、身近なものに感じてもらうことを目的とした施設となっています。

株式会社ノーザンホースパーク

実際に手入れに使用する道具の展示から、遊びながら学べる馬の漢字パズル、丸太を削って作った子供用木馬など、触れて楽しめる仕掛けも多数用意されているとのこと。大人も子どもも楽しめますね。
そしてノーザンホースミュージアムで馬の気持ちに触れた後は、今度はノーザンホースパークで、厩舎を見学したり、乗馬体験を楽しんだり、かわいいポニーショーに癒されたりしましょう!より一層馬への愛情や理解を深められるはずです。

株式会社ノーザンホースパーク

元競走馬たちの楽園「社台スタリオンステーション」

さらに、ノーザンホースパークから車で15分のところに、競走馬としては現役を引退した名馬たちが暮らしている社台スタリオンステーションがあります。
ここでは、競馬ファンでなくても一度はその名前を耳にしたことのある無敗の三冠馬・ディープインパクトや、ダービー馬ディープブリランテ、世界ランキング一位まで上り詰めたジャスタウェイなど、歴史的名馬が放牧されています。
見学可能時間が10:00-12:30と限られていますので、お時間に気をつけてお出かけください!

見どころがたくさんのノーザンホースパーク、夏のお出かけスポットはここで決まりですね!

株式会社ノーザンホースパーク

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

NORTHERN HORSE MUSEUM(ノーザンホースミュージアム) 【住所】北海道苫小牧市美沢114-7 ノーザンホースパーク内
【TEL】0144-58-2116(乗馬受付0144-58-2812)
【アクセス】
新千歳空港から専用のシャトルバスで15分
※10:00-16:00まで1時間ごとに運行(毎時00分発)
【開園時間】
・夏期間(16:00以降入園無料)
[4/23-9/30]9:00-18:00
[10/1-10/31]9:00-17:00
・冬期間(入園無料)
[11/1-4/22]10:00-16:00
【HP】http://www.northern-horsepark.co.jp/
コラムシリーズについて NAVITIMEニュース

NAVITIMEニュース

人気施設のランキングや、新規オープンのお店、注目のお店をピックアップしてお届けします。