閑静な住宅街に佇む黄金の鳥居。「御金神社」をご存知ですか?

「御金」と書いて「みかね」と読む御金神社。近年、京都を訪れる旅行者の注目スポットとして人気を集めているこの神社をご存じでしょうか。

御金神社は、世界文化遺産・二条城近くの閑静な住宅街にあり、農機具や刀剣、鉱山などの金属の神様がご祭神としてまつられています。金、銀、銅にもご利益があることから、いわゆる「お金の神様」として広く解釈され、人気を集めるようになりました。

この神社で一際目立つのが、その黄金に輝く鳥居でしょう。元々は木製の鳥居が建てられていましたが、台風の影響で壊れてしまった際、「金」の神様をまつっていることから、金箔を扱うお店のご好意で金箔が施されました。

境内に奉納されているイチョウの絵馬には勿論「貯金がたまりますように」、「宝くじが当選しますように」などなど、御金のご利益を授かりたいお願いが沢山。

近年は「金」の部分が一人歩きし、御金のご利益を授かりに神社を訪れる人が後をたたないそうですが、実はその由来からも分かるように、一攫千金をもたらす神様ではなく、お金・金属を扱う人が幸せに導かれるよう見守ってくださる神様です。
それでも、観光の合間にちょっと足を伸ばしてみたいですね。お参りするのはタダですし!

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

御金神社
【住所】京都府京都市中京区西洞院通御池上ル押西洞院町618
【TEL】075-222-2062
【最寄駅】京都市営地下鉄東西線「二条城」駅下車 徒歩約5分
市バス「堀川御池」下車 徒歩約5分
【拝観時間】自由
コラムシリーズについて NAVITIMEニュース

NAVITIMEニュース

人気施設のランキングや、新規オープンのお店、注目のお店をピックアップしてお届けします。