5月17日より、日光東照宮にて「四百年式年春季例大祭」斎行

式年祭が50年に一度行われる日光東照宮は本年、徳川家康公の薨去400年の節目を迎えるということで、春から秋にかけて「四百年式年大祭」が斎行されます。

【四百年式年春季例大祭(5月17日-19日)】
・17日(日)「四百年式年大祭」
徳川宗家18代当主や徳川御一門の当主、同宮関係者など約300人が参列し、昇殿後、天皇陛下より御下賜の幣帛料の奉献や宮司による祝詞奏上など、厳粛な祭儀が執り行われます。また、疾走する馬上から的を射抜く神事「流鏑馬(やぶさめ)」や、東照宮の神が御輿3基に分乗して日光二荒山神社に出向く「宵成(よいなり)祭」も同日に行われます。
・18日(月)「百物揃千人武者行列」
400年の節目に合わせて新調された、絢爛豪華な武者絵巻「百物揃千人武者行列」が繰り広げられます。
・19日(火)「奉祝大祭」
日光市内の東西11町の伝統ある家体が献備され、各町の華やかなお囃子が奉納されます。(本年は東和町、安川町にて催行)

【四百年式年秋季奉祝大祭(10月16日-18日)】
期間内は流鏑馬神事、百物揃千人武者行列、奉祝大祭が執り行われます。

上記のほかにも、期間内は多数の祭事・行事が予定されています。

なお、この四百年式年大祭に先駆け、3月13日に「日光東照宮宝物館」が開館しました。
展示室にて徳川家康公の関連資料を展示しているほか、東京国立博物館に寄託していた国宝の太刀「助真」と「国宗」を、5月末まで限定で公開しているとのことです。

記念グッズも多数販売され、ピンバッジ(400円)や神札(1,000円)、なんとアニメーションDVD『徳川家康』(1,080円)まで。
特におすすめは眠り猫の記念御朱印帳(1,800円)です。この機会に、御朱印集めを始めてみるのも良いかも。
また、彫刻や壁画に「麒麟」があるということから、キリンビールの記念デザイン缶も発売されています。よりビールが美味しく感じられること間違いなしです。(栃木県内や東武鉄道沿線の販売店にて、数量限定での販売)

最後に、栃木県外からお出かけ予定の方に朗報です。
拝観券・宝物館入館券・境内音声案内ガイドレンタルがセットになった特別クーポンが、12月31日までの期間限定で販売されます。大人2,300円、小人1,100円での販売価格となります。大人料金は300円、小人料金は170円の割安です。セブンイレブンやローソンのチケット販売端末で購入できますので、四百年式年大祭にお出かけの際は、忘れずに購入しましょう!

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細

日光東照宮 【住所】栃木県日光市山内2301
【TEL】0288-54-0560
【最寄駅】東武日光駅
【HP】http://www.toshogu.jp/
コラムシリーズについて NAVITIMEニュース

NAVITIMEニュース

人気施設のランキングや、新規オープンのお店、注目のお店をピックアップしてお届けします。


Plat編集部 おすすめ記事