【日帰り可】究極の美人の湯!登別温泉で美白になって、冷え性や貧血もサヨナラ♪

北海道の登別温泉で湯めぐりすると、美人になること間違いなし!まるで美容液や化粧水の湯に浸かっているような気分で、翌朝の化粧ノリが違うんです♪ここで湧く泉質は9種類もあって、どれもカラダの外側も内側もキレイになる天然成分がたっぷり。その中でも特にオススメな泉質と、温泉が噴き出す迫力スポットを紹介します。ゆったりリフレッシュしながらキレイになれる温泉旅行をしませんか? 新千歳空港からレンタカーやバスで約1時間。登別温泉街にたくさん建ち並ぶ温泉施設の中から日帰り入浴も楽しめる老舗温泉旅館「第一滝本館」を訪ね、“美の湯”の秘訣を探ります。

美白になりたい人は硫黄泉

真っ先にオススメしたい泉質は、美白になると言われている硫黄泉。乳白色の湯で、俗に卵が腐ったような匂いがぷ~んと漂います。いかにも温泉らしい匂い♪登別温泉では一番メジャーな泉質で、第一滝本館では「美肌の湯」と呼んでいます。
硫黄成分は肌を漂白するかのようにシミを薄くする美白効果と、紫外線から肌を守る作用があると言われています。また、毛細血管を広げる働きもあるので、血流もよくなり顔色や手足の先もぱっと明るい雰囲気に。
肌色美人になりたいみなさん、硫黄泉は外せません!

第一滝本館の硫黄泉「美肌の湯」
第一滝本館の硫黄泉「美肌の湯」

ツルツルすべすべの肌になりたい人は重曹泉

ツルツルすべすべの肌になりたい人は、無色透明の重曹泉へ。重曹成分は肌の角質を軟らかくして、分泌物を乳化して洗い流す作用があります。天然のボディーシャンプーのような泉質で、やさしくピーリングをする気分♪湯上りはゆで卵をむいたばかりのような、ツル~ンとした肌になりますよ。
アトピーやじんましん、慢性皮膚病にも適応症がある泉質、お肌に嬉しい温泉です。ちなみに第一滝本館では「美人の湯」と呼んでいます。

第一滝本館の重曹泉「美人の湯」
第一滝本館の重曹泉「美人の湯」

貧血ぎみのみなさんは緑ばん泉や鉄泉へ

普段貧血ぎみで悩んでいるみなさん、登別温泉に行ったら緑ばん泉か鉄泉はゼッタイ入りましょう!緑ばん泉は薄い白色や緑色の湯で、鉄泉はやや赤茶けた色をした湯で、ともにアルミニウムや鉄などを含んでいるのが特徴。この金属成分が、貧血症や慢性湿疹などに有効と言われています。
ほんの少しだけピリッとした刺激を感じる湯。第一滝本館では緑ばん泉があり、「万病の湯」と呼ばれています。

第一滝本館の緑ばん泉「万病の湯」
第一滝本館の緑ばん泉「万病の湯」

湯めぐり最後は、肌のパックと冷え性予防に食塩泉へ

美白して、ピーリングして、貧血予防もして、よくも悪くも肌に負担かかっていませんか?シャンプーをしたあとリンスやトリートメントをするように、最後は天然のローションのような湯で肌をいたわりましょう。

仕上げにピッタリな泉質は食塩泉。温泉に含まれる塩分が肌につくと、湯上り後に塩分が肌を覆ってくれるのです。古い角質などが落ちたツルツルの肌をまるでパックをしたような感覚!
湯めぐりを食塩泉しめくくると、肌がしっとり潤いもちもち感もアップ♪しかも、塩分が肌をつつみこんでいるので保温効果も高まり、湯冷めもしにくく冷え性の解消にも有効なんですよ。
食塩泉は日本国内では最も多い泉質の一つで、第一滝本館では「熱の湯」「鬼の湯」「癒しの湯」と呼ばれています。

第一滝本館の食塩泉「熱の湯」
第一滝本館の食塩泉「熱の湯」
施設名称
第一滝本館
住所
北海道登別市登別温泉町55
電話番号
0120-940-489
営業時間
[大浴場]24時間
[露天ドリンクコーナー営業時間]15:30-20:30(L.O.20:20)
休業日
無休
駐車場
有り
クレジットカード
紹介
地獄谷のすぐそばに建つ、創業160年の歴史をもつ登別の老舗旅館。圧倒的な湯量と7つの多彩な泉源を誇る大浴場が最大の魅力。大浴場は24時間営業しており、日帰りでも利用できる。冬季には趣ある雪見露天も楽しめるうえ、露天風呂ではドリンクオーダーも可能だ(有料制)。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【日帰り入浴料金】
・9:00~16:00大人2,000円 小人1,000円
・16:00~受付終了18:00(入浴は21:00まで可)大人1,500円 小人750円
・「湯~らんチケット」(入浴+館内1,000円分食事)販売9:00~13:30(食事は11:30~14:00)2,500円(小人料金なし)※繁忙期は販売中止する場合あり。
【URL】http://www.takimotokan.co.jp/

湯めぐりとともに「地獄谷めぐり」もオススメ!

さまざまな泉質の湯が湧く登別温泉。湯めぐりとともに、これらの温泉が湧く泉源周辺を見て回るのも登別温泉観光では定番!
泉源は温泉街周辺にいくつかあるのですが、一番規模が大きく目をひくところが「地獄谷」。赤茶けた岩肌や真っ白い岩が連なり、ところどころ水蒸気や温泉が噴き出す異様な光景が広がります。

登別温泉の地獄谷
登別温泉の地獄谷

一部には散策路があるので、大地の迫力を間近で感じられます。

登別温泉の地獄谷散策路
登別温泉の地獄谷散策路

特に、地獄谷の奥底へと続く散策路の終点にある鉄泉池(てっせんいけ)は必見!小さな間欠泉で、湯煙を上げてブクブクと煮えたぎるように地中から熱湯が湧き出てくる様子を眺められます。ただ、湧き出るタイミングは不定期。数分ごとに湧く時もあれば30分待っても出てこないこともあるので、湧き出す様子を眺められるかどうかは運次第。地獄谷なので神様ではなく閻魔様にでもお願いしてみましょう。

登別温泉の地獄谷内にある鉄泉池
登別温泉の地獄谷内にある鉄泉池

みなさん、お好みの泉質はありましたか?登別温泉にはこのほかにもまだまだ特徴的な泉質が湧いています。
美人になる要素がいっぱいつまった登別温泉の湯。温泉旅館やホテルに泊まりつつ、日帰り入浴で各館ハシゴしてさまざまな湯を楽しむのもおすすめです!

施設名称
登別地獄谷
住所
北海道登別市登別温泉町
料金
無料
駐車場
有り
紹介
活火山である日和山の噴火活動によりできた直径約450m、面積約11haの爆裂火口跡で、登別を代表する観光スポット。荒々しい岩肌の裂け目から火山ガスが噴出する様相はまさに地獄の谷。「鉄泉池」とよばれる間欠泉は、泡をたてて湯が煮えたぎる様子を間近で見ることができる。登別温泉街のメインストリート「極楽通り商店街」からは徒歩10-15分ほど。
旅行プラン
航空券・ホテルの予約
詳細情報
さらに詳しい情報を見る
備考
【電話】0143-84-3311
【URL】http://www.noboribetsu-spa.jp/?see=jigokudani2&lang=ja

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて 旅行ガイド

旅行ガイド

楽しい旅をサポートする、便利なお役立ち情報をお届けします。


NAVITIMEトラベルで行く、北海道の旅
ライター募集中!
Plat編集部 おすすめ記事