11月17日は将棋の日。将棋を指すのが楽しくなるスポット!

11月17日は将棋の日です。日本将棋連盟が1975年に定めました。江戸時代、8代将軍の徳川吉宗は11月17日を「お成将棋の日」とするほどの将棋好きで、お成将棋の日には年に一度の御前対局を行ったそうです。
将棋は現在も子どもからお年寄りまで、初心者からプロ棋士まで幅広く親しまれ、プロ棋士との対局もできる将棋大会など全国でさまざまな大会が開かれています。また、将棋の歴史や駒の製作工程などを紹介したスポットを訪れると将棋を指すのが一層楽しくなるでしょう。

天童将棋資料館

将棋駒の産地として有名な山形県天童市にはJR天童駅に「天童市将棋資料館」が併設されています。天童将棋資料館は将棋の歴史をはじめ、駒数が300を超える泰将棋や世界の将棋など珍しい将棋を数多く展示した資料館です。また、駒工人の作品や駒の制作工程など将棋駒についてもわかりやすく紹介しています。
また天童市の街中にも将棋の駒をモチーフにしたオブジェなどが点在しています。将棋好きにはたまらない街ですね。

【住所】天童将棋資料館 天童市本町1-1-1
【TEL】023-653-1690
【開館時間】 9:00~18:00(受付は17:30まで)
【休館日】第3月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月3日
【利用料金】大人300円、学生200円、中学生まで100円、 団体(20名以上)大人250円、学生150円、中学生まで80円
天童将棋資料館の公式サイトはこちら

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて 今日は○○記念日

今日は○○記念日

暦に設定されている記念日。その記念日にちなんだスポットを紹介します。不思議な記念日もいっぱい…