まるでテーマパークのよう『舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』囲み取材&ゲネプロレポート!

フジテレビの「ノイタミナ」作品である「PSYCHO-PASS サイコパス」を原案とした『舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』が、2019年4月18日にいよいよ開幕。公開に先駆けて、囲み取材と公開ゲネプロが行われました。こちらの様子をお伝えします。

囲み取材

九泉晴人 役:鈴木拡樹さん
稽古場では早くこの舞台上に上がりたいな、という気持ちが強かったです。本作はとても多くの照明と映像を駆使しています。これが一つ、見どころと言えるのではないでしょうか。稽古中は想像するしかなかったことが、この劇場に来て沢山ありました。来ていただいた方にもテーマパークの中にいるような、まるでサイコパスの世界の中にいるような感覚で楽しんでいただけるかと思います。
キービジュアル取材を受けていた頃の雑誌を読んで下さった方には、謝りたい気持ちです(笑) 性格は180°反転し、とても爽やかとは言えず、新人の監視官とも言えない状態で仕上がった気がします。この九泉晴人を演じていて、笑顔を出したのはキービジュアル以来で、それがとても新鮮な気分です。ただ一貫しているのは、シビュラに対しての信仰心。その部分は、元々描こうとしていたよりも強くなっているのではないでしょうか。
本広さんとご一緒するのは初めてで、どういう演出をされる方なのか、とても楽しみにしていました。とても人気のあるサイコパスシリーズの新しい展開である「舞台化」に参加させていただけたことが嬉しいです。舞台に登場する人物は今まで出てきたことのないキャラクターなので、新しいサイコパスを楽しんでいただけるかと思います。2.5次元の舞台は原作があり、ストーリーを知っていて観劇されることが多いですが、この作品に関しては、知らなくても楽しめるというのが大きな特徴だと思います。同じサイコパスではありますが、新たなサイコパスとして楽しんでいただけたら嬉しいです。

嘉納火炉 役:和田琢磨さん
サイコパスというパワーを持った作品、エネルギーを持った作品に役者それぞれの魂を吹き込んで、サイコパスの世界観の中にキャラクターを作り上げてきました。早く本番にならないかな、とワクワクしています。今回オリジナルキャラクターということで、脚本の深見さん、演出の本広さんのお力のもと、周りのキャストの皆さんに「嘉納火炉」という役を作ってもらったような、三係のメンバーで一つのチームを作り上げたという感覚が強いです。アニメではないけれど、こんな三係がいたら良いな、こんなチームがありそう、という期待を観客の皆様に届けられたらと思います。
実は楽しみにし過ぎて、稽古開始の三日前に稽古場にきてしまったんです(笑) 初日を間違え、まだ会議中の本広さんに遭遇しました。本広さんは、役者の意見に耳を傾けてくださり、挑戦をする環境を与え、かつ自分の世界を持っておられるので、お互いのすり合わせをする作業がとても楽しかったです。
今回、東京・大阪でも公演させていただき千秋楽にはライブビューイングもあります。全国のサイコパスファンの皆様にお届けできると思うと、今から楽しみです。オリジナルのストーリー・オリジナルのキャラクターが登場するので、元々のファンの方にも新たなサイコパスを僕らが発信できたら本望だと考えています。千秋楽まで頑張ります。

演出:本広克行さん
演劇なのに映画を見ているような、映画を見ているつもりでいるとそれが3Dのような。今まで培ってきた演出の全てをこの作品に応用できたかな、と考えています。
今回、鈴木さん、和田さんとは初めてのお仕事だったのですが、最初はとても人気の俳優さんと聞いており、自分というものが強いのかな、と思っていました(笑) けれど真っ白な状態で望んでくれて、望みを全て実行してくれることに驚きました。アクションも尋常でないくらい大変なことをしていただいております。まるでキャンバスに絵を描いていくような感覚で仕事ができました。
ライブビューイングにも対応できるようなカット割りをしたつもりです。舞台のチケットが取れなかった方にも、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。元々サイコパスはアニメだけでなく、ノベライズや満画、ラジオドラマなども考えていたプロジェクトであり、舞台もその一つです。ぜひ楽しんでください。

公開ゲネプロ

公安局刑事課三係に所属する監視官・九泉晴人は、公安局局長からの命令で連続殺人事件を捜査することになる。遺体は18ものパーツに細かく切断、その一つ一つにナンバリングがされていた。九泉は同じ刑事課三係に所属する監視官・嘉納火炉や執行官たちと捜査を進めることになる……。
監視官と執行官の関係、三係の人間関係は、この作品の大きな見どころの一つです。プロジェクションマッピングを使った舞台演出はサイコパスの世界観にマッチしており、ドミネーターの演出・アクションも素晴らしい仕上がりでした。

過去の辛い経験を糧に監視官として捜査にあたる、鈴木拡樹演じる九泉晴人。その苦悩や苛立ちが伝わる演技は、見事の一言です。シビュラシステムに対する盲信、そして次第に追い詰められていく繊細な心理描写、アクション。すべてが魅力的で、舞台サイコパスの世界へと誘う存在でした。

九泉晴人と同じ監視官でありながら対極的な人物であり、九泉をはじめ、執行官に対しても気遣いができる嘉納火炉は和田琢磨が熱演。九泉を陰になり日向になり支えながら目を離せない存在感を放っており、ストーリーが進めば進むほどその存在感が増していきます。

三係、そして武力闘争組織「ヒューマニスト」の面々も演技・アクション共に魅せます。それぞれが個性的で、抱える苦悩は観る者の共感を呼び、舞台に欠かせない存在として印象を残していました。

近未来の世界観であるサイコパスシリーズを見事なまでに舞台化している今作。シビュラシステムの是非、監視官と執行官の違い、抱える苦悩、そして公安局の存在。原作で描かれていた世界観の核を余すことなく客席に伝えながら、同時に骨太でオリジナルのストーリーが舞台上で展開されます。キャストそれぞれの熱量と最新技術を駆使した演出は、観る者の心をとらえて離しません。ぜひ劇場、ライブビューイングに足を運び、新たなサイコパスの世界観を楽しんでください。

公演情報

(C)サイコパス製作委員会 (C)舞台「サイコパス」製作委員会

ナビタイムがお送りする「アニメスポット特集」では、アニメやゲームの聖地、2.5次元舞台・ミュージカルをはじめとしたアニメに関するイベント情報を紹介しています。
【URL】アニメスポット特集

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細


コラムシリーズについて NAVITIMEアニメトラベル

NAVITIMEアニメトラベル

アニメに関するイベント情報記事です。


Plat編集部 おすすめ記事