一円玉サイズで数万円の価値。 幻の有田焼ジュエリー「トシカネ」の展覧会が開催

「俊兼ジュエリー」の起源は、有田焼職人の小島俊一氏と絵付け師である南兼蔵氏が、昭和6年に帯留めづくりとしてはじめたブランド。当時、太平洋戦争などのあおりを受けたが、時代の流れに合わせてデザインをアッ…

続きを読む

この記事のスポットに旅行する(航空券・ホテル予約)

出発
到着
行き
帰り
人数(大人)

地点詳細



Plat編集部 おすすめ記事